エンタメ

天才テリー伊藤対談「加藤一二三」(3)藤井四段は今後が勝負どころとなる

テリー もう耳にタコだと思いますが、藤井聡太四段のお話もうかがいたいんですよ。

加藤 この前のNHK杯で藤井四段が森内俊之九段に勝ちましたけど、その時のインタビューで「今までの将棋の中で、加藤先生に指してもらったことが多くのことを学べて、たいへん感謝している」と語ったそうです。しかも続けて「加藤“大”先生」と言ったらしくて、「藤井聡太、頭がいい!」と思いましたね。

テリー アハハハハ! 加藤九段は彼のプロ棋士デビュー戦の相手ですからね。

加藤 いやあ、みごと、みごと。先ほど升田先生との出会いが、のちの私の棋士人生にものすごくいい影響を与えてくれたことはお話ししました。藤井四段も、私と指し合って得たものがたくさんあったと言えるだけの器の持ち主ですので、これからの大成功を期待しています。

テリー なるほど、加藤九段と同じ道を進んで、さらなる偉業が達成できるかもしれない、と(笑)。しかしこれまで藤井四段を絶賛されていた加藤九段が、先日お会いした時には「(藤井四段は)ここからが大変だよ」とおっしゃっていましたよね。少し見方が変わってきたんでしょうか?

加藤 あ、そうですね。彼が29連勝したのは、みごとな勝ちっぷりでした。とても胸がワクワクするような魅力的な将棋を指しますし、作戦もうまい。しかも、少し危ない局面が現れても、感心する受け方で、これを乗り越えるんですね。そういった研究をした結果、私は「藤井さんは大器で、これから大きな期待が持てる」と言いました。

テリー はい。

加藤 ところが一方で、将棋で大事なことは、昇段することなんです。私は14歳で四段になり、その後も1年に1段ずつ昇段して18歳で八段になりました。私だけに限らず、羽生善治さんも谷川浩司さんも、みんな四段から八段まで行っているわけですよ。

テリー それも若いうちに、ですよね。

加藤 ですから、藤井さんがここ7年ぐらいの間に八段になれば「天才」と言っていいでしょう。ところがですよ、7年後に藤井さんが六段だったとすると、将棋の世界では「普通の人」になるんですよ。だから、これからが勝負どころなんです。

テリー 九段から見て、藤井四段は天才ですか?

加藤 秀才型だと思います。毎日雨が降っても風が吹いても、欠かすことなく1日5時間ぐらい将棋の研究をし続ける。こういう努力で成功を収める人が秀才だと思うんですよ。これは私、非常にほめて言っております。立派ですよ。

テリー わかります。それができる人はそんなにいませんから。

加藤 ただし、一方で間違いなく天才はいます。例えば大山(康晴)名人、升田名人、羽生善治さんにしても、そこまで研究しなくても勝てたんですよ。

テリー それは加藤九段も、ですよね。

加藤 いえいえ、自分で言うのは気が引けますけど(笑)。でも、私は18歳で八段に、羽生さんは19歳で「竜王」という最高のタイトルを獲りました。ということは、だいたい名人と呼ばれる人は、20歳前後までにそこまでの位を獲得しているわけです。藤井さんも20歳前後で少なくともA級、八段近くになっていれば、我々は「おお、やっぱり藤井聡太は天才だったんだな」と納得できると思いますね。

テリー そうか。じゃあ今のところは、秀才という判断なんですね。

加藤 そうです、秀才なのは確か。ただ、天才かどうかについては、まだ根拠がないから言えないんです。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
2
小川直也が22年後にバラした「猪木の絶対指令」橋本真也を殴る蹴る/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
幸運を呼ぶ新幹線点検車両「ドクターイエロー」が引退!「撮影会と体験乗車」は必ず見られる最後のチャンス