スポーツ

由伸巨人 30億円超「金満補強」の大号令!(2)「優勝するためもっと使え」

 さらに、若手育成への回帰を標榜しても、その流れを断ち切りそうなのが、実績ある強打外国人たちの強奪である。

「今季の巨人の本塁打数はマギーの18本が最多で、20本以上打つ右の大砲が不在です。となれば、来季の去就が不透明な、35本でセ本塁打王の中日・ゲレーロ(30)、32本のヤクルト・バレンティン(33)は、喉から手が出るほど欲しい。ゲレーロは『野球はビジネス』と銭闘宣言し、中日の2年7億円の提示を蹴っている。すでにソフトバンクが参戦し、1年5.5億円の複数年契約まで競り上がったマネーゲームになります。現状3.3億円のバレンティンも2年以上の複数年契約が獲得条件となる」(スポーツ紙デスク)

 このFA補強の大号令を下したのは、読売新聞主筆・渡邉恒雄氏(91)だという。球団関係者が明かす。

「なんでも『30億円使っても優勝できないんだから、もっと使え』というナベツネ勅命があったようです。どちらか1人どころか獲らばもろともとダブルで獲得すれば、若手選手が意気消沈するのは目に見えています」

 若手育成は「フリ」だけ。第3の外国人大砲まで視野に入っているという。

「台湾で“第2の王貞治”と呼ばれる王柏融(ワン・ボーロン)(24)にも触手を伸ばしている。台湾ラミゴでは打率4割を超える強打者で、今年のWBC壮行試合で楽天・則本からバックスクリーン弾を放っています。巨人は6月から現地にスカウトを送り込んでいる」(巨人番記者)

 4人の外国人枠さえ度外視すれば重量打線は完成するかもしれないが、不安のタネは尽きず、投手の主軸にも波及する。

「14勝をあげた三本柱の一人、マイコラス(29)の流出が現実となりそうです。すでにMLBの公式サイトが、レンジャーズが獲得に動いていることを報じているため、球団内では諦めムードが漂っています。鹿取義隆GM(60)は『どうしたらいいんだ』と頭を抱えていた。59試合登板したセットアッパーのマシソン(32)も日本好きとして知られていますが、今季に限って1週間の観光をしてから帰国している。最後の思い出作りだったのかもしれない。実際、子供にメジャーのマウンドに立つ姿を見せたい希望があるようです」(前出・巨人番記者)

 先発の主軸が抜けるとなれば、今オフも“お家芸”に着手する流れだ。

「リスト筆頭は西武・牧田和久(32)です。本人はポスティングでのメジャー移籍が第一希望ですが、決裂すればFA権を行使する可能性が高い。やはりFA権を取得している日ハム・増井浩俊(33)ともども、先発でも抑えでも使えるため大枚を叩いてでも獲得に乗り出します。同じ日ハムの宮西尚生(32)も、今季外した森福の補填となる左リリーフとして狙っている」(前出・スポーツ紙デスク)

 今オフも巨人の札束攻勢による“乱獲”で若手育成の話題はかき消されそうだ。前出・球団関係者が嘆きの声を上げる。

「ナベツネよりも野球に関してド素人の山口寿一読売新聞社長(60)がシーズン中から鹿取GMに『あいつを使え』と指示しているから始末に負えない。しかもシーズンを終えると、若手を育てるのが急務だと言いながら、勝つためには外国人をドンドン獲れと、どう考えても一度に実現できない要求をしており、もはやチームは迷走する一方です」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
アキラ100%よりヤバい?「嫌いな芸人」ランキングでガチにアウトな芸人とは
2
NEWS手越祐也にも「未成年」女性との飲酒報道も世間が全然驚かないワケ
3
綾瀬はるか主演の新ドラマに囁かれる「まるで艶系動画」の“匂い”!
4
渦中の若妻が衝撃告白!“紀州のドン・ファン”は「機能しなくなっていた」
5
「半分、青い。」で永野芽郁から佐藤健を奪った古畑星夏の“顔面変化”に騒然!