スポーツ

「馬よりルメール優先主義」に激論勃発(2)今後もドンドン有力馬が集まる

 ルメールがもてはやされるのには、もちろん理由がある。1つ目は、日本の競馬に慣れたこと。対応力がとにかくすごいのだ。02年に初来日した頃は、フランスとは違ってレースが速く流れていると感じたが、最近はスローペースのレースが多くなってきたという。

 事実、今年のダービーなどは、それを象徴するようなレースで、スローを見抜いたルメールの早めの対応が、レイデオロに勝利をもたらした。

 2つ目は、判断力に優れていること。ルメールに限らないが、海外の一流騎手は馬群に詰まることが非常に少ない。行ける時にサッと動いて、勝負どころでは空いたところをキッチリ抜け出してくる。ヴィクトリアMをアドマイヤリードで制した時や、秋華賞をディアドラで勝った時もそうだった。

 3つ目は、馬といいコンタクトが取れること。ルメールは、調教や返し馬に乗る時、頭の動きや首の使い方、走り方に注目する。そして瞬時に馬の癖やタイプを見抜く。だからレースで馬の持ち味をフルに発揮させることができるのだ。

 そのいい例が10月8日に行われた東京7R(3歳以上500万下)。勝ったアルーアキャロルは、道中、頭を上げて行きたがっていたが、その癖をわかっていたルメールは馬をなだめ、ためていた脚を直線で爆発させた。こういう優れたところを持った騎手だから、みんなが乗せたがるのである。

 そのルメールが今年最大の目標としているのが、リーディングを獲ること。イタリアで5回リーディングに輝いているM・デムーロ(38)とは違い、ルメールは自国フランスでも一度もない。そのため、リーディングへの思いは人一倍強いのだ。

 昨年は戸崎圭太(37)に1勝差で敗れたが、そのリベンジを果たしたいとも思っている。もしリーディングを獲ることができれば、外国人ジョッキーでは初となり、歴史的な快挙。それをエージェントもわかっているだけに、今後、ドンドン有力馬をそろえてくるだろう。

 もちろん、ライバルたちも黙ってはいまい。デムーロは、今年の目標を200勝と言って、自身を鼓舞している。これから暮れにかけて、ジョッキーたちの激しいバトルが繰り広げられそうだが、ファンは、強い馬同士の熱い戦いを見たいと願っているに違いない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
W杯直前にフジテレビがまたしても“非国民的”失態やらかしネット大荒れ!
2
アキラ100%よりヤバい?「嫌いな芸人」ランキングでガチにアウトな芸人とは
3
NEWS手越祐也にも「未成年」女性との飲酒報道も世間が全然驚かないワケ
4
キムタク新ドラマ「星降るレストラン」の役柄に世間は「もう飽きた」の声
5
半同棲に発展!?ワンオクTaka、芸能界最強ボディの浅田舞と結婚の可能性