スポーツ

「馬よりルメール優先主義」に激論勃発(2)今後もドンドン有力馬が集まる

 ルメールがもてはやされるのには、もちろん理由がある。1つ目は、日本の競馬に慣れたこと。対応力がとにかくすごいのだ。02年に初来日した頃は、フランスとは違ってレースが速く流れていると感じたが、最近はスローペースのレースが多くなってきたという。

 事実、今年のダービーなどは、それを象徴するようなレースで、スローを見抜いたルメールの早めの対応が、レイデオロに勝利をもたらした。

 2つ目は、判断力に優れていること。ルメールに限らないが、海外の一流騎手は馬群に詰まることが非常に少ない。行ける時にサッと動いて、勝負どころでは空いたところをキッチリ抜け出してくる。ヴィクトリアMをアドマイヤリードで制した時や、秋華賞をディアドラで勝った時もそうだった。

 3つ目は、馬といいコンタクトが取れること。ルメールは、調教や返し馬に乗る時、頭の動きや首の使い方、走り方に注目する。そして瞬時に馬の癖やタイプを見抜く。だからレースで馬の持ち味をフルに発揮させることができるのだ。

 そのいい例が10月8日に行われた東京7R(3歳以上500万下)。勝ったアルーアキャロルは、道中、頭を上げて行きたがっていたが、その癖をわかっていたルメールは馬をなだめ、ためていた脚を直線で爆発させた。こういう優れたところを持った騎手だから、みんなが乗せたがるのである。

 そのルメールが今年最大の目標としているのが、リーディングを獲ること。イタリアで5回リーディングに輝いているM・デムーロ(38)とは違い、ルメールは自国フランスでも一度もない。そのため、リーディングへの思いは人一倍強いのだ。

 昨年は戸崎圭太(37)に1勝差で敗れたが、そのリベンジを果たしたいとも思っている。もしリーディングを獲ることができれば、外国人ジョッキーでは初となり、歴史的な快挙。それをエージェントもわかっているだけに、今後、ドンドン有力馬をそろえてくるだろう。

 もちろん、ライバルたちも黙ってはいまい。デムーロは、今年の目標を200勝と言って、自身を鼓舞している。これから暮れにかけて、ジョッキーたちの激しいバトルが繰り広げられそうだが、ファンは、強い馬同士の熱い戦いを見たいと願っているに違いない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
岡副麻希を圧倒!田中理恵が見せた“ボディ真っ二つ”前屈の貫禄と“色香”
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
手越祐也「芸能活動休止」で「中村倫也に熱視線!」の理由
4
石橋貴明、「スポーツ王」視聴率1桁でピンチもあの業界に参戦で再ブレイクか?
5
リモコンみたいに自由にできる?阿部華也子、「癒やされ動画」にファン妄想!