スポーツ

3年12億でわずか1勝、今こそ振り返りたい「スゴかった頃の松坂大輔」

 3年12億という契約内容に見合う活躍を見せぬまま、松坂大輔が福岡ソフトバンクホークスを退団した。この3年間、1軍での登板は1試合(2016年)、しかも1イニング5失点の内容だが、なおも現役にこだわっているあたり、スピード違反&身代わり出頭の頃が生ぬるく感じるほどに野球ファンの目も、はるかに冷ややかなものになっている。

 世の「松坂世代」を中心とする30代後半のプロ野球ファンにとって、この現状、評判はあまりに寂しい。

 憧れだった清原和博の「薬物逮捕」という無様な晩年を見せつけられ、心の傷を負った我々にとって「松坂」という同世代の「自慢」まで失ってしまいたくはない。

 そこで、改めて「怪物」だった頃の松坂大輔に思いを馳せてみたい。

 高校3年、夏の甲子園での「対PL学園の力投」「決勝ノーヒット・ノーラン」に締めくくる、レジェンドを打ち立てまくった公式戦44戦無敗。西武ライオンズ入団後の「初先発で時速155キロ」、千葉ロッテの黒木知宏と投げ合って惜敗し、「必ずリベンジします」と発言し、実際に1週間後に再び黒木と投げ合って「リベンジ」(この年の流行語大賞に選ばれた)を果たすといった規格外ぶりで、高卒新人として史上初のベストナイン、堀内恒夫(巨人)以来33年ぶりの新人王も獲得した。

 プロ野球選手を94人も輩出した「松坂世代」。同じ投手だけでも杉内俊哉、和田毅、藤川球児…錚々たる面々の超黄金世代の頂点に君臨し、球界最高打者・イチローとは、見ごたえある名勝負を繰り広げた。ルーキーイヤーから3年連続の最多勝、第1回WBCでのすさまじいピッチング、メジャーリーグ・ボストン・レッドソックスへの入団、2度目のWBCでのMVP…。松坂が本物の「怪物」だったことは間違いない。

「現役にこだわる」ということ自体、恥じることではないが、結果として「何もしていないのに多額の年俸をもらっていた」という事実は「晩節を汚す」ことに等しい。ネット上でも非常に厳しい声が噴出している。

「ソフトバンクに年俸を返すべき」、「今の松坂を獲得する球団があるわけない」、「アレは、松坂に似た何か」…。日本ハム・大谷翔平のメジャー挑戦が決まり、今後、引き合いに出されることも増えそうな松坂が、この「でも、今は…」な状況であってほしくないのだが…。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
2
広瀬すず「橋本環奈NG」解除の背水事情(1)格の違いで「相手にならないよ」
3
森七菜、新CM動画“脱ぎシーン”でついに現れた爆裂バスト輪郭が大反響!
4
新垣結衣、大河ドラマ“初出演”に飛び交う「アノ穴はどうする?」の憶測
5
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ