プロ野球

スポーツ

プロ野球セ・パ交流戦遺恨バトル(1)長野に続いて菅野も狙った

今年もまた、ペナントの行方を左右する「セ・パ交流戦」が始まった。各球団との対戦は1年でたったの4試合。それだけに、たまりにたまった遺恨のマグマが大爆発する1カ月となるのである。セ・パ交流戦がスタートした5月14日、さっそく派手なバトルが勃発…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , |
スポーツ

掛布雅之×江夏豊「巨人は守り勝つ野球のほうが嫌がるよ」

掛布今年のセ・リーグは、いかに巨人についていくかがペナントレースの戦い方だと思うんですけど、今の阪神ですとあの3連戦みたいに、巨人のピッチャーを打つというよりも、巨人打線を抑えるほうがいいでしょうね。江夏巨人に打ち勝つのはかなり難しいと思う…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

掛布雅之×江夏豊「気になるのは伊藤隼太だけど…」

掛布ルーキーの藤浪はどう見てますか?江夏最近の高卒ルーキーのピッチャーでは、松坂に次いでいいんじゃない?掛布あぁ、やっぱり!江夏フォームのリズム感がいいね。沖縄キャンプで見させてもらって、いいもの持ってるなぁと思った。掛布高校生にしても社会…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

掛布雅之×江夏豊「守りで貢献してきたけど地味なんだよな、鳥谷は…」

掛布今年の阪神を支える選手として、僕は鳥谷に期待しているんです。ここ何年か、阪神は生え抜きの4番が育っていませんよね。僕は鳥谷をサードにコンバートして打つほうに専念できるようにさせたい。4番に置いて阪神の負けも勝ちも、ある程度責任を負わせる…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

掛布雅之×江夏豊「福留のダイビングキャッチはマートンでは到底できない」

本誌連載「掛布雅之のバックスクリーン直撃談!」はGW特別企画として江夏豊氏を招き、阪神2大スターOBによるファン垂涎のガチンコ激論。阪神躍進への鍵となる交流戦の戦い方からルーキー藤浪の投球、そして巨人潰しの極意までをしゃべり倒した。江夏お前…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

長嶋と松井“4番の遺伝子”継承までの21年間「引退式を機に“古巣”と急接近」

過去10年間、セ・リーグにおいて、連覇を果たしたチームは出ていない。13年のシーズンを前に、連覇を狙う巨人の激励会が行われた。その後、読売グループの渡邉恒雄会長は「原君に当分やってもらわんといかんが、そのあとがいないんだよ」と寂しそうに語っ…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , , |
スポーツ

長嶋と松井“4番の遺伝子”継承までの21年間「ユニホームを脱いだ理由」

長嶋は松井がメジャーに移籍したあとも、03年の1度しか渡米はかなわなかったが、事あるごとに電話を入れている。松井が06年に守備で手首を骨折した時も、真っ先に長嶋が電話をくれたというのだ。その時の様子について、松井はこう振り返る。「お互いにリ…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , , |
スポーツ

長嶋と松井“4番の遺伝子”継承までの21年間「ニューヨークで師の病状を心配」

長嶋が日の丸を胸につけて侍ジャパンの指揮を執ることになったのは、04年のアテネ五輪の予選からだった。“長嶋の復活”が野球人気の起爆剤になっていた。そして、平均年齢28.4歳のチームリーダーとして、真っ先に松井の存在に…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , , |
スポーツ

長嶋と松井“4番の遺伝子”継承までの21年間「鮮烈すぎるデビュー劇」

5月5日の松井秀喜の引退式を控えて、ジャイアンツの次期監督候補にも名前が浮上するなど、にわかに周辺も騒がしい。その裏には袂を分かった古巣との軋轢も指摘されるが、鍵を握るのは長嶋茂雄巨人終身名誉監督の動向だ。衝撃デビューから引退時期まで師の教…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , , |
スポーツ

長嶋と松井“4番の遺伝子”継承までの21年間「イチモツが収まっていないと」

長嶋は松井の入団直後、「巨人の4番」として松井を育てるため、「1000日構想」をプランとして持っていた。つまり、3年間みっちり鍛え上げていけば、立派な巨人の4番打者になれると踏んでいたのだ。そのために自宅に呼んだり、遠征先のホテルで深夜に「…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , , |
スポーツ

長嶋と松井“4番の遺伝子”継承までの21年間「長嶋監督勇退に涙を見せた」

野球界でも、屈指の師弟関係が誕生したのは、92年のドラフトだった。「残り物には福がある」ということわざがあるが、まさにそれを体現したのが、長嶋だった。甲子園での活躍を受け、ナンバーワンスラッガーとして「将来の4番候補」の座が約束されていた星…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , , |
スポーツ

長嶋と松井“4番の遺伝子”継承までの21年間「リハビリで球を投げるマネも」

国民栄誉賞受賞日は、5月5日の「こどもの日」。この日は松井の背番号「55」に合わせて“ゴジラの日”と現役時代から言われていた。加えて長嶋のプロ野球生活55周年に当たるのが今年であることもあって、この日に決まったのだが…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , , |
スポーツ

長嶋と松井“4番の遺伝子”継承までの21年間「ナベツネが持ちかけたW受賞」

異例の国民栄誉賞W受賞となった長嶋茂雄と松井秀喜。松井がルーキーの時に巨人の監督を務めていた長嶋は「未来の4番」に徹底的な帝王教育を授けた。あれから21年──。2人の師弟愛は今もなお、誰もがうらやむほどの輝きを放っているのである。4月1日、…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , , |
スポーツ

セ・リーグ元審判員が語る“プロ野球スーパースター列伝”「意外なほど熱さを秘めている」

かつての監督たちからすれば、現在の監督はおとなしい。これもファン離れの一因ではないか。確かに、おとなしいかもしれませんね。巨人の原辰徳監督が現役時代、一塁手をしていたことがありました。ちょうど私が一塁塁審を務めた時、三遊間のゴロを遊撃手が一…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , |