広島カープ

スポーツ

広島カープの下剋上「倍返し」パワーを生む「クソ上司」問題

10月12日から始まるクライマックスシリーズ。そのCSで台風の目となりそうなのが広島カープだ。セ・リーグではペナント3位の戦績だったが、2位の阪神よりも広島を警戒しているというのは、何を隠そうペナントの覇者・巨人。「確かに、リーグ戦序盤は、…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , , , , , |
スポーツ

広島カープ「倍返し下剋上」なら絶対モメるCS問題(3)最低限3位に入ればいいとの考えが…

現行のクライマックスシリーズ(CS)が導入されたのは07年。それ以前にもパ・リーグでは04年から06年の3年間、CSの原型となる「プレーオフ制度」が行われた。まず、レギュラーシーズン3位チームと2位チームが第1ステージを3試合制で戦い、その…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , |
スポーツ

広島カープ「倍返し下剋上」なら絶対モメるCS問題(2)NPBは是正どころか拡大の意向を

落合氏の「応援」を受けた当該球団の選手たちの心境はというと、「広島、中日ともに『みっともない。こんなに借金を抱えて、この成績でCSと言われたってねぇ』という現場の声がありました。ただ、『ルールだから出られるんだろうけど』とも」(スポーツ紙デ…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , |
スポーツ

広島カープ「倍返し下剋上」なら絶対モメるCS問題(1)落合氏「オレは最初から反対」

3年前、ロッテがシーズン3位から日本一になった時は「史上最大の下剋上」と騒がれた。だが今季は、それをさらに上回る「CS問題」が浮上している。もしも広島が3位でCSを制したら‥‥。その「勝率」を巡って論争が巻き起こり、大モメすること必至だから…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

大野豊「広島カープCS初進出の秘策を提言」(4)個性派投手の長所を吸収できた

大野氏がハングリー精神と並んで強調するのが、「考える野球」だ。先輩やコーチのアドバイスから自分の野球を模索することで、選手としての成長につながるというのだ。大野氏にとって「最も影響を受けた」というのが、優勝請負人と称された江夏豊氏だった。抑…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

大野豊「広島カープCS初進出の秘策を提言」(3)エラーも投手陣の足を引っ張っている

もちろん「投手王国」再建のためには、野手陣のふんばりも欠かせない。だが、現在のカープでは打線の援護はなく、エラーもリーグトップの67を数え、投手陣の足を引っ張っている印象すらある。内野の要であるセカンド菊池涼介(23)とサード堂林翔太(21…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

大野豊「広島カープCS初進出の秘策を提言」(2)左の先発を育てられなかったことが反省点

先発陣には及第点を出した大野氏だが、目下、広島の悩みの種は絶対的な「セットアッパー」の不在だろう。前半戦最終戦となった7月17日の対中日戦は、野村謙二郎監督が「方程式の崩壊」と嘆く試合展開となった。「完璧な勝ちパターンでした。7回をしっかり…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

大野豊「広島カープCS初進出の秘策を提言」(1)若手先発陣の成長がチーム復活の切り札

近年、若手の台頭で注目を浴びている広島東洋カープ。しかし、ペナント優勝は91年以来、22年間も遠のいたまま。そんな状況に檄を飛ばすのが、昨年まで投手コーチを務めていた大野豊氏だ。カープの黄金時代には「七色の変化球」で投手王国の一翼を担った大…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

小早川毅彦、今年こそ優勝!カープ愛トーク

昨年はCS出場にあと一歩だった広島カープだが、各氏の予想は若干厳しかった。とはいえ、15年連続Bクラスという状況を打破すべく、カープOBのプロ野球評論家・小早川毅彦氏は、今季の躍進を断言する。*「昨年は、マエケン(14勝7敗)が言うことなく…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , , |