高校野球

スポーツ

早実・清宮は太田幸司や桑田・清原クラスの伝説になるか!?

例年にも増して注目度が高まる今夏の高校野球。そのなかでも連日マスコミを騒がせているのが、早稲田実業高校の清宮幸太郎内野手だ。西東京大会の決勝では神宮球場が満員となるなど、早くもスターの座を確保したと言えそうだ。だが伝統の高校野球にはこれまで…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
芸能

TIM、ジャンポケ・斉藤、千鳥・大悟…「元高校球児」芸人たちの栄光と挫折

甲子園出場を目指し、全国で地方予選が開催中のこの夏。お笑いの世界でも、その青春を高校野球に打ち込んだ者たちが活躍を見せている。人気急上昇中の「とにかく明るい安村」は、1999年に北北海道・旭川実業高校の控え投手として甲子園に出場。試合には出…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
スポーツ

横浜高校・渡辺監督の大ウソがなかったらDeNA筒香は誕生しなかった!?

甲子園で通算51勝(歴代3位タイ)、さらに春夏で計5度の優勝(歴代2位)を誇る、横浜高校の名将中の名将、渡辺元智監督(70)の今夏限りでの勇退というニュースは高校野球界に激震を走らせた。今年のセ・リーグで本塁打王を独走する筒香(DeNA)、…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

PL学園野球部 “廃部危機”に陥った常勝軍団の転落軌跡

春夏合わせて7度も甲子園を制した、高校球界の名門・PL学園硬式野球部が廃部の危機に瀕している。来春入学する新入生の部員募集を取りやめるというのだ。栄光の歴史を思うと寂しいばかりだが‥‥。表向きは「監督不在」を部員募集撤廃の理由にあげていたが…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
社会

朝日新聞の記者が“朝日人”になる経緯(3)取材姿勢に問題あり?

リベラルな新聞と言われる朝日新聞だが、記者全員が特定の思想に染まっているわけではないという。若手記者がこう弁明する。「朝日の若手記者の多くは反日や左翼といった特定の思想を持っていません。採用基準が原因だと思うのですが、いわゆる『真面目』なタ…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

朝日新聞の記者が“朝日人”になる経緯(2)「夏の高校野球取材」と「高額給与」が特別意識を生む?

ある朝日新聞若手記者が地獄の「サツ回り」を経た「2年目」を振り返る。「夏の高校野球取材があります。自分は2年目でしたが、3年目で行く記者もいます。朝日が主催していますから、主催者特権があるんですよ。まず帽子が違う、また球場で与えられる記者ブ…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
スポーツ

甲子園制覇!大阪桐蔭・西谷監督のスターを育てる秘訣とは?

第96回全国高校野球選手権大会は、大阪桐蔭が深紅の優勝旗を手にした。過去7年で3度(センバツを含めれば4度)の甲子園制覇を達成している、常勝軍団の強さの秘密に迫る──。大阪桐蔭は昨年秋の近畿大会大阪府予選4回戦で履正社にコールド負けし、今年…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
社会

朝日新聞の記者が“朝日人”になる経緯(1)どのような教育を経て記者になるのか?

8月28日付の朝刊で、今度は「慰安婦問題 核心は変わらず」という記事を掲載した朝日新聞。謝罪どころか訂正もないままの再弁明は、世間とズレた姿勢をあらためて浮き彫りにした。気になるのはそうした紙面を作る記者たちの実像。入社後、どのような経緯で…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
スポーツ

みのもんた「今年の夏の高校野球で起きた議論についてひと言」

夏の甲子園はいいよね。予選から勝ち上がっていくから、さまざまなドラマが生み出される。次の話題は球児のドラマに冷水を浴びせるような話だよ。【夏の高校野球で議論噴出】今年も数々の熱戦を繰り広げた甲子園。球場外でもさまざまな話題がヒートアップした…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

高校野球に「タイブレーク制」?是非を巡って論争勃発

高野連が「甲子園改革」に乗り出した。「タイブレーク制」導入に向け、加盟高にアンケート調査を実施。来夏の甲子園から実施される可能性も出てきたのだ。ところが、その是非を巡り論争が勃発したのである。「球児たちの1球にかける思い、昨年からの因縁、高…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , |