芸能

新垣結衣、“遊び人”錦戸亮に陥落したエッチ素顔

 草木が芽生え、虫はうごめきだした。厳しい寒さの冬が終わり、穏やかな気候が希望を抱かせてくれる春が訪れたのである。なのに、清純派女優は遊び人に取られてしまうし、朝ドラはあさっての方向に走りだして終わるし‥‥。

 デビュー以来、清純派路線を歩んできたスキャンダル処女のはずである。ところが、そんな新垣結衣(24)のイメージは単なるオヤジ族の願望だったのかもしれない。ガッキーの実像は、何とも非処女感が漂うようで‥‥。

“ガッキー幻想”を打ち砕いたのは、写真週刊誌「フライデー」4月5日号。新垣が「関ジャニ∞」の錦戸亮(28)と、お互いのマンションを隠密行動で行き来する様子が激写され、2人の交際が発覚したのである。

「2人は2年前のドラマ『全開ガール』(フジテレビ系)共演で知り合い、昨年夏頃から人知れず交際に発展していた。錦戸といえば、ジャニーズを代表する“遊び人”で、以前、クラブから自宅に“お持ち帰り”した美女と撮影した“ベッド写真”が写真誌に掲載されたこともありました。それだけに、錦戸との交際発覚は、新垣にとってイメージダウンともなっている」(スポーツ紙芸能担当デスク)

 にもかかわらず、新垣の所属事務所が頭ごなしに交際を反対できない事情があるという。

 順を追って説明しよう。

「新垣は突然売れてしまったため、プレッシャーから過度のストレスによって体調を崩してしまい、そのピークとなった07年には一部で長期休養が報じられる騒動もあった。当時からホームシックもひどくて、『(故郷の)沖縄に帰りたい!』が口癖でしたね」(芸能プロ関係者)

 かつて放送された、新垣に密着する番組内でも、「お芝居のレッスンも積んでないのに、デビュー作でいきなりヒロインというのがツラかった」「背中を押されて無理やり歩いてるんじゃなくて、自分の足で責任持って歩きたい」といったネガティブ発言を連発し、売れっ子ゆえの苦悩をうかがわせていたものである。

「事務所は新垣の言うとおりに、時間があれば沖縄に帰らせていたので、なかなか連続して仕事を入れることができなかったんです。しかし、最近はプライベートの充実ぶりからか、現場ではじけるような笑顔を見せることが多くなった。全ては、恋人・錦戸のおかげというわけです」(前出・芸能プロ関係者)

 芸能記者が2人の関係性を解説する。

「インドア派の新垣ですが、錦戸がSUV車に乗っているのに影響されて、自分もSUV車を購入して乗りこなしている。相手が錦戸だけに車中デートでのエッチな想像もしてしまうが、従順なM気質なんですね」

 そうなるのも当然か。というのも、新垣はイメージとは違ってイケメンが大好物のようなのだ。

「07年に三浦春馬と映画で共演後、交際および半同棲がささやかれました。かと思えば、錦戸の後輩に当たるNEWS・手越祐也との仲を噂されたこともあったし、やはり共演者の生田斗真、堺雅人とも現場でただならぬ雰囲気で接していたと話題になっている。いずれもイケメンばかりですからね」(前出・芸能記者)

 そして、みごとにジャニーズの人気者・錦戸をゲットしたが、交際が続くかどうかは、2人の身長がネックではないか、というのだ。

「新垣は公称168センチですが、実際に会えばどう見ても170センチを超えている。対する錦戸は、公称170ですが、そんなにないのは明白。実は、新垣は身長コンプレックス気味なところがある。錦戸とのバランスを気にしてか、ふだんから立っても座っても背中を丸めてあまり自分を大きく見せないようにしています。リアルな身長がバレても2人の愛に変わりがなければいいですね」(映画関係者)

 新垣は4月スタートの主演ドラマ「空飛ぶ広報室」(TBS系)で、今をときめくイケメンの綾野剛と共演する。錦戸から綾野に目移りするなんてことはないだろうが‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「私にくわえさせると薬物に火を点け…」清水良太郎を通報した女性が告白
2
体操 田中理恵 「カメラマン」に対抗した仰天措置 「恥骨テーピング」で激写封じしていた
3
大竹しのぶ「男を吸い尽くす」魔性の手口(1)略奪婚で「泥棒猫」と罵倒された
4
元SMAP「72時間番組」で危ぶまれる「視聴不可能」の大トラブル!
5
胸のトップがハミ出てる!?水原希子「ギリギリ画像」大量公開の切迫事情