芸能

紅白美女17人の“ピンク合戦”を先取り生中継!「中森明菜が連続出場できない理由」

20151217n

 昨年、ニューヨークから生中継で話題になった中森明菜(50)は、連続出場とはならなかった。スポーツ紙記者がこう話す。

「NHKは出演依頼をしていたのですが、今回は中継ではなく他の出演者と一緒に出てほしかった。明菜サイドも12月30日にオリジナルアルバムを発売するため、出演させたかったのですが、本人が難色を示して実現には到らなかったようです」

 9月には通算50枚目のシングルを発売。オリコン初登場20位とイマイチ伸びなかったが、新曲と同日発売されたDVDボックスは、2万1600円と高額ながら約4000枚を売り上げた。今年は無期限活動休止から本格復帰となるはずだったが‥‥。

「前回の紅白でも体力面に不安があり、当初NHKは局内の別のスタジオを用意して、そこから“中継”という形で歌う予定でした。しかし、それでは他の出場歌手から批判が出るおそれもあり、ニューヨークからの中継になったのです。1年たってもいまだに体調は万全ではなく、生放送で満足に歌える状態ではないために断ったのでしょう」(芸能レポーター・石川敏男氏)

 白組では、19年ぶりに復帰が決まった元カレ・近藤真彦(51)との共演も見てみたかったが、来年以降に持ち越しとなった。

 一方で、3年連続で元カップルの郷ひろみ(60)とNHKホールで“夜をともに”過ごすのは松田聖子(53)である。

「明菜は、マッチとの間で自殺未遂騒動を起こしているので、番組スタッフらは自分たちで打診をしていながら、『共演が決まったらどうなるんだろ‥‥』と気を揉んでいたそうです。一方、郷と聖子に関してはキャスティング段階で特に過去の話は問題視されなかったようです」(前出・スポーツ紙記者)

 むしろ聖子がピリピリしているのは、「現在」の恋愛事情にあるようだ。

「昨年は大トリを務めたのに、リハーサルでも本番後も囲み取材は受けなかった。聖子は3年前に再々婚していますが、医師の夫と不仲説が流れています。元マネージャーと愛人疑惑も報じられ、マスコミからの質問を避けているのです」(前出・スポーツ紙記者)

 26年前に離婚した元夫と「職場」で再会しているのは、石川さゆり(57)。音楽関係者がこう語る。

「元マネージャーだった男性と離婚してからは、仕事も別々だと聞いていました。それがここ最近、石川さんのコンサート現場で元夫を見かけるばかりか、リハーサル段階でやたら仕切りたがるのです。NHK関係者は、『紅白でも口出ししてくるかな』と心配していました」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    薬用和漢のチカラで髪を強くしなやかに…頭皮環境から考える山野愛子流「育毛」ケアとは?

    Sponsored
    76814

    20~60代の女性を対象に行った、ある髪に関するアンケートの結果によると、なんと9割以上の女性が「髪にツヤがあるほうが若く見えると思う」と回答し、4割以上が「初対面の女性の髪の状態またはヘアスタイルを見て、年齢を判断する」と答えたのだそうで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出荷本数26万本の隠れヒット!「ころころ歯ぶらし」はお口のトラブルに万能の歯ブラシだッ!

    Sponsored
    43394

    お口のトラブルを気にされている方の大半が、「もっとしっかり磨かないと!」と、力いっぱい歯を磨いてしまっていないだろうか? こういった“ゴシゴシ”磨きは歯や歯ぐきに負担をかけてしまうので、口内環境に悪影響を与える可能性が高い。またお口のトラブ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    放っておくと命に関わる血管のリスク 「血管の老化」に要注意!?

    Sponsored
    75325

    突然ですが、日本人の主な死因を知っていますか?最も多いのは、1/4以上の割合を占めるガンです。実はその次に多いのが、心疾患や脳血管疾患を合わせた「血管事故」。心筋こうそくや脳卒中などは心臓や脳の特殊な病気ではなく、実は血管が詰まったり破れた…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・松本潤、艶系女優に交際をバラされたうえにさんまからも完全拒否された!
2
神田沙也加の夫の正体は広末涼子の元彼MITSUU!年収は2000万円超!?
3
平野ノラが車中プレイした野球選手が、打撃フォームで99%判明!
4
嵐・二宮の筋肉量は寝たきり老人並み!深刻な病気なら嵐離脱の可能性も!?
5
「史上最低の情熱大陸だ!」菅田将暉の出演回が視聴者から猛批判されたワケ