スポーツ

孫正義が画策する“野球世界一”を決める「クラブ・ワールドカップ構想」

20160114aa-2

 広島・黒田博樹(40)の復帰フィーバーで盛り上がったプロ野球は、一転して黒田の「電撃引退」という激震に見舞われそうだという。

「しかもシーズン中に。あと7勝に迫った日米通算200勝を達成目前にしても、です。黒田はメジャー時代、『1カ月契約、週契約でもいい。迷惑をかけないように、短い契約にしたい。闘志がなくなったらマウンドに立てない』と話し、いつ引退してもいい覚悟でした。エース・前田健太(27)のメジャー流出で主力が2人同時に抜けるわけにいかず、球団の強い慰留で現役を続けざるをえなくなった今季のモチベーションは優勝しかない。200勝という数字などどうでもいいんです」(スポーツライター)

 もし広島がBクラスを走り、優勝の可能性が薄くなれば、シーズン途中であっても、ユニホームを脱ぎかねない状況なのだ。

 そんな暗い話題を打ち消すのは、プロ野球の「クラブ・ワールドカップ構想」の急浮上である。サッカーのように、チームとしての世界一を決めるというもので、発案者はソフトバンクの孫正義オーナー(58)で、王貞治球団会長(75)もこう後押ししているという。

「今ならソフトバンクは(15年ワールドシリーズ覇者の)ロイヤルズとやっても勝てる。ウチのオーナーは本気だから。日本一とアジア一、アメリカ一、どっちが強いか決める時期に来てるんじゃないか」

 NPB関係者が続ける。

「昨年はプレミア12が新設されましたが、日本、台湾、韓国、オーストラリアなどとのアジアシリーズ優勝チームと、メジャーリーグの優勝チームが対戦し、本当の世界一を決める大会を開きたい。日本シリーズ、ワールドシリーズ終了直後にです。今年はその計画をブチ上げ、オーナー会議でそれを提案する。スポンサーもつくだろうし、反対する球団はないでしょう。あとは開催地を決めるだけ」

 国別対抗のWBCとは、また違った戦いが加わりそうである。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    忘年会シーズンに糖質制限なんて無理!酵素のチカラで炭水化物も怖くない!?

    Sponsored
    91454

    男30代40代の働き盛り。当然、昼も夜も栄養バランスを考えた食事なんてなかなかできず、酒の付き合いも多い。そのため食生活は極めて不規則だ。話題の糖質オフやグルテンフリーはどこ吹く風で、とりあえず、日本人ならお米だろ!と、エネルギーを蓄えて毎…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    少しのお酒で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    年末年始の飲み会が増えるこの時期、「少しお酒を飲んだだけでも顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバー…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    秋津壽男“どっち?”の健康学「アルコール摂取で引き起こす病気とは?内臓だけではなく脳や心臓にも負担」

    93890

    早いもので、今年も残すところ約1カ月となりました。12月は忘年会など、1年で最もお酒を飲む機会が多くなります。上手に飲めばよき潤滑油となるお酒ですが、調子に乗って飲みすぎると二日酔いになったり、会社の同僚や上司に部下、あるいは取引先の相手な…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ナイナイ岡村、大泉洋に向け「6000万円返せ」声を荒らげていた!
2
太川陽介の妻・藤吉久美子を見舞ったテレビマンとの「路線バス不貞」疑惑!
3
ショック!あの元アイドルが「大人の男性向け派遣サービス店」で窃盗していた
4
ゆりやん、女芸人No.1決定戦優勝で疑われた“出来レース”の「4つの証拠」
5
JR東日本、原田知世CM復活で「面目丸つぶれ」危機の女性タレントとは?