エンタメ

エンタメ

アサ芸世代1000人アンケート 後世に遺したい「テレビ時代劇」(4)必殺仕事人 京本政樹 撮影直前に変更された「必殺技」

時代劇は手作りのよさがある「必殺仕事人Ⅴ」の組紐屋の竜は、当初は屋根の上から組紐を悪人の首に絡めて瓦をぶち破るなどの荒技を見せていたが、試行錯誤の末、鈴のついた赤黒2色の組紐を悪人の首筋目がけて投げて巻きつけ、宙づりにして窒息死させるものに…

カテゴリー: エンタメ | タグ: |
エンタメ

アサ芸世代1000人アンケート 後世に遺したい「テレビ時代劇」(3)必殺仕事人 京本政樹 撮影直前に変更された「必殺技」

「必殺仕事人Ⅴ」や「大江戸捜査網」など、痛快娯楽時代劇に数多く出演する京本政樹(52)だが、デビュー当初は時代劇は好きではなかったという。デビューから「必殺」に出演するまでの7年間、いろいろな人にシゴかれるうちに、時代劇のおもしろさに目覚め…

カテゴリー: エンタメ | タグ: |
エンタメ

アサ芸世代1000人アンケート 後世に遺したい「テレビ時代劇」(2)桃太郎侍 高橋秀樹 初めは悪人を「峰打ち説教」

「ヒーロー」はいつの世も必要「桃太郎侍」で、刀をクルクルって回して鞘に納めるシーンもしくじったことがきっかけで生まれました。亡くなった悪役の安倍徹さんに「オレ、コッチからこう斬るから、こういう形で倒れてくれたら、そのまま刀をパッと納められる…

カテゴリー: エンタメ | タグ: |
エンタメ

アサ芸世代1000人アンケート 後世に遺したい「テレビ時代劇」(1)桃太郎侍 高橋秀樹 初めは悪人を「峰打ち説教」

日活のスターとして活躍中の68年、NHK大河ドラマ「竜馬がゆく」で初の時代劇出演を果たした高橋英樹。以後、数多くの作品で主役を張ってきたが、ファンにとって印象深いのは、やはり「桃太郎侍」だろう。…

カテゴリー: エンタメ | タグ: |