社会

社会

東電OL殺人事件 真犯人はコイツだ(5)

支援者の依頼を受け、「東電OL殺人事件」の調査に乗り出したジャーナリストは“疑惑の隣人”に出会う。そして、彼は事件の迷宮を彷徨いながら、徐々に粗暴な隣人への疑惑を深めていくのだった─。以下は、ゴビンダ元被告が帰国した…

カテゴリー: 社会 | タグ: |
社会

オウム残党「首都圏にサティアン建設」戦慄実態(5)

有田芳生が緊急警告!オウムはこうして生き延びた「信者の洗脳を放置した国の責任だ!凶悪事件を起こし、死刑判決を受ける元幹部が続出しながら、なぜ信者はオウムを離れようとしないのか。長年にわたってオウムとその残党に接触し、取材を続けてきた有田芳生…

カテゴリー: 社会 | タグ: |
社会

オウム残党「首都圏にサティアン建設」戦慄実態(4)

新イニシエーションを開発こうした信者と接触したことのあるジャーナリストは、次のように言う。「彼らは最初、『麻原さん』と言っていますが、そのうち『尊師』が入り混じり、しまいには『尊師』ばかりになる。麻原崇拝は消えていません。ヨガや瞑想、修行に…

カテゴリー: 社会 | タグ: |
社会

東電OL殺人事件 真犯人はコイツだ(4)

事件直後に消えた男の消息ここでは、“疑惑の隣人”を仮に釜田和夫としておこう。現在は60代になっている。事件当時は40代ということになる。身長は170センチ前後だが、体つきはガッチリしている。前科もあり、服役経験がある…

カテゴリー: 社会 | タグ: |
社会

オウム残党「首都圏にサティアン建設」戦慄実態(3)

メンバーの「カルマ」を指導犯罪的と言える麻原帰依は、オウム残党のアレフのみならず、アレフに属さない少数信仰グループによっても進められている。前出・元信者が明かす。「大きいのはまず、横浜のケロヨングループ。ここには28人います」これは、95年…

カテゴリー: 社会 | タグ: |
社会

東電OL殺人事件 真犯人はコイツだ(3)

現場に残された陰毛に着目6月16日、ゴビンダ元被告は18年ぶりに祖国ネパールの地を踏んだ。6月7日の再審開始決定を受けて、無期懲役刑は執行停止となり、釈放されての帰国となった。いや、正確には強制退去処分である。この後、再審では無罪判決が下さ…

カテゴリー: 社会 | タグ: |
社会

オウム残党「首都圏にサティアン建設」戦慄実態(2)

3万円で犬も入信させて…アレフが過去のオウム事件を反省するどころか、近隣住民を恐怖に陥れている─。地下鉄サリン事件被害対策弁護団事務局長・中村裕二弁護士は、その「証拠」について解説する。「09年を境に、アレフは麻原に完全回帰し…

カテゴリー: 社会 | タグ: |
社会

東電OL殺人事件 真犯人はコイツだ(2)

「支える会」からの調査依頼04年6月某日、私の携帯電話に見慣れない番号から着信があった。電話の向こうの声は知人女性だった。「『東電OL殺人事件』を知っているよね。実は冤罪事件で再審請求をするので協力してくれないかな」聞けば、彼女は「無実のゴ…

カテゴリー: 社会 | タグ: |
社会

東電OL殺人事件 真犯人はコイツだ(1)

「東電OL殺人事件」の再審開始が決定した。犯人として無期懲役刑で服役していたゴビンダ元被告は無事にネパールに帰国を果たした。そして、事件は再び謎に包まれた。彼女を殺したのは、いったい誰なのか。その「真犯人」に迫ったジャーナリストがいた。事件…

カテゴリー: 社会 | タグ: |
社会

福島第一の悲劇は終わらない!(5)

一時帰宅者の声プロレスラー・宮本和志氏公園にある「汚染土の山」を見て大ショック「これがある限りは戻れないと思いました」現在、福島第一原発の半径20キロは災害対策基本法に基づく「警戒区域」となり、住民ですら許可なく入れない。全町が警戒区域に設…

カテゴリー: 社会 | タグ: |
社会

福島第一の悲劇は終わらない!(4)

酪農家の今警戒区域内「家畜の殺処分」は証拠隠滅だ!「被曝の実態研究のために生かす道もある」肥育農家として300頭以上の牛の世話を続けながら、福島第一原発の半径20キロの警戒区域内、浪江町に住む(有)エム牧場「浪江農場」農場長の吉沢正巳さん(…

カテゴリー: 社会 | タグ: |
社会

福島第一の悲劇は終わらない!(3)

食への影響中部大・武田邦彦教授食物を培養する「腐葉土」にセシウムが蓄積!「自家栽培」でも日本にいる限り安心できない原発の事故処理問題にはさまざまな問題があるが、一般消費者がいちばん気になるのは「食の安全性」だろう。政府が発表する&ldquo…

カテゴリー: 社会 | タグ: |
社会

福島第一の悲劇は終わらない!(2)

4号機の危機「マスコミ公開」は東電側の情報操作!プールの底「宙ぶらりん」で大地震ならアウト「あれほど過酷なものかと」。5月26日、福島第一原発4号機の廃炉作業の進捗状況の視察を終えた細野豪志原発事故担当大臣は、こんな言葉で現場・建屋の状況に…

カテゴリー: 社会 | タグ: |
社会

オウム残党「首都圏にサティアン建設」戦慄実態(1)

特別手配犯3人の逮捕により、オウム真理教が引き起こした数々の凶悪事件はいちおうの終息を見たかに思えた。だが解体したはずのオウムはさまざまに細胞分裂し、今なお「教祖・麻原」を崇拝する危険集団として、日本中で生き長らえていた。いや、むしろその活…

カテゴリー: 社会 | タグ: |