芸能

波瑠 ドラマ女王戦争を勝ち抜く美女の秘密(1)素顔は“男前キャラ”

 波瑠(27)の勢いが止まらない。6月7日にオンエアされた主演作「未解決の女 警視庁文書捜査官」(テレビ朝日系)の最終話が13.9%をマーク。7月からは「サバイバル・ウェディング」(日本テレビ系)でまたもや主役を務める。新・ドラマ女王に名乗りをあげた、出ずっぱり美女の秘密に迫る。

 15年放送のNHK朝ドラ「あさが来た」のヒロイン役でブレイクして以降、16年には「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」(フジテレビ系)、17年には「あなたのことはそれほど」(TBS系)、そして今年に入って2作の連ドラ主演が決定した波瑠。もはやドラマ界には欠かせない存在だ。

 ドラマ解説者の木村隆志氏が人気の秘密を探る。

「朝ドラの主演歴やモデルの経歴を匂わせることなく、どんな役柄も自然体でこなせる懐の深さがあります。これはショートカットの女優さんによくある傾向ですが、特に波瑠さんは男女問わず、幅広い年齢層に人気があるのでオファーがとぎれないのでしょう」

 連ドラ「未解決の女──」では男勝りの女刑事を演じて「清楚系」のイメージを覆したが、映画評論家の秋本鉄次氏は波瑠の「汗臭い演技」に期待を寄せる。

「スッと鼻筋が通ったシャープな顔だちはどこか夏目雅子を思わせます。それでいて、ガテン系のエロスが際立つんです。14年公開の映画『がじまる食堂の恋』(BS-TBS)では食堂の女店主に扮し、汗だくになって重たい鍋を振るっていましたが、そうした肉体労働のシーンに強く引かれますね。ノーブラにタンクトップ姿で工事現場や魚市場で汗をかくところを拝みたいですね」

 そんなガテン資質を裏付けるように、意外な“男前キャラ”をのぞかせていた。芸能ジャーナリストの平田昇二氏が明かすのは、下積み時代のエピソードだ。

「波瑠は13年春から1年間、トーク番組『A-Studio』(TBS系)でアシスタントを務めました。大物ゲストを前にしてもものおじしない性格に、司会の笑福亭鶴瓶(66)も一目置いていましたね。鶴瓶師匠いわく、波瑠の内面はバリバリの“男”だそうです。東京の下町出身で、細かいことを気にしない“寅さんキャラ”。人気が出てからも全然気取ることがないので、スタッフからのウケも抜群だそうです」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
2
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス