女子アナ

「チラっと見え」や「バイーン」も!美女アナたちの最新ドッキリ事件を追跡

  女子アナのフリー転身が続き、美女たちの生き残り競争は熾烈を極めている。時には艶アピールも必要とばかりに、ドキリとさせられる事件を起こしてしまうアナも。そんな彼女たちの最新艶事件を追った。

 昨年2月にフリーになったばかりの大橋未歩は、退職直前に卓球イベントで丈の短いスカートをずり上げる仰天パフォーマンス。脚の付け根あたりまでを披露し、あわやアンダーウエアが見えそうになった。その時のことを目撃した週刊誌カメラマンはこう振り返る。

「大橋といえば、推定Hカップの豊かな胸が話題になりますが、脚もかなりのもの。しっかりとした肉付きの脚で、“完熟”という言葉がぴったりでした」

「news zero」(日本テレビ系)でお天気お姉さんを務めるフリーアナの河西歩果は、一日署長イベントでスカートの奥を激写されてしまう事件を起こしている。白い薄手の生地越しに黒い布地がはっきりと写っている。河西のアンダーウエアは黒だと話題になった。

 やはり一日署長のイベントでスカートの奥を激写されてしまったのは、「グッド!モーニング」(テレビ朝日系)のキャスター・福田成美だ。

「一日署長のイベントはチラっと見えショットが撮れる絶好の機会なんです。ミニをはいてイスに腰掛けることが多く、スカートの中が見えるから。福田の場合もまさにこれで、薄い布地にできた“縦線”まではっきりと確認できました」(前出・週刊誌カメラマン)

 他にもライバル報道番組へ移籍し注目を集める小川彩佳が、薄手のニットで胸を張り、バストがバイーンとばかりに盛り上がったショットも。すべては発売中の「アサ芸Secret Vol.58」で完全公開している。美女アナたちのサービスショットでジメジメした季節を吹き飛ばしてみてはいかがだろうか。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
2
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
4
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」
5
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」