スポーツ

原巨人“大型補強”ナシの「誤算」と来季へ向け膨らみ続ける「不安」材料

 球界の盟主を自認する巨人に“異変”が起きている。これまでのオフシーズンではカネに任せて次々に補強をしてきた感があるが、今年はやけに大人しい。育成重視に大きく転換したとも言われるが、果たして本当なのか。

「今オフの巨人は、補強策がすべて後手に回っている感があります。ドラフトでは1位指名した星稜・奥川恭伸投手だけでなく、東芝・宮川哲投手まで逃してしまった。FA補強でも、目玉とされた楽天・美馬学はロッテに、ロッテ・鈴木大地は楽天に奪われ惨敗。巨人が本格的に獲得に動いて他球団に取られた例は、メジャー球団以外になかったのでは。そこにきて、今季15勝の山口俊がポスティングシステムで大リーグ挑戦。さらに、長年、チームを牽引してきた阿部慎之助が引退、外国人選手のゲレーロ、ビヤヌエバも退団。現時点での戦力ダウンは、間違いありません」(スポーツ紙記者)

 これではいかんとばかり、11月20日にナショナルズからジェラルド・パーラ外野手、12月に入ってホワイトソックスのチアゴ・ビエイラ投手と契約したが、それぞれ2割3分そこそこの打率と防御率9点台の2人が日本でどのくらい活躍できるかは、まったくの未知数だ。

「ドラフトでは、1位に最速151キロの本格右腕である堀田賢慎投手を獲得。ほかにも3位に菊田拡和内野手、6位に高校通算36本塁打の伊藤海斗外野手も加入したが、高卒ルーキーで即戦力としては期待できません」(前出・スポーツ紙記者)

 さらに追い打ちをかけるのが、エース菅野智之投手の今後。今季後半の腰の状態も心配だが、山口投手の異例の挑戦に刺激を受け、来季にメジャーに移籍する可能性さえ囁かれているという。

 原監督の手腕も見ものだが、久々に大型補強ナシとなりそうな巨人に、ファンの多くが不安を抱いているに違いない。(津田昌平)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、「バストの張り」良好ぶりを裏打ちした?渡部建の“豊洲バイト”
2
「バスト強調」艶系人気動画、突如登場「2代目」に視聴者が戸惑う“形状の違い”
3
バストが揉みしだかれて!?井上和香、「目を閉じ口を半開き顔」写真に熱視線
4
木村沙織“9等身ボディ”披露で気になった現役時代のはちきれバストの行方
5
夏目三久、水卜麻美・井上清華への意地!?強調すさまじい「Fカップ」対抗