スポーツ

原巨人“大型補強”ナシの「誤算」と来季へ向け膨らみ続ける「不安」材料

 球界の盟主を自認する巨人に“異変”が起きている。これまでのオフシーズンではカネに任せて次々に補強をしてきた感があるが、今年はやけに大人しい。育成重視に大きく転換したとも言われるが、果たして本当なのか。

「今オフの巨人は、補強策がすべて後手に回っている感があります。ドラフトでは1位指名した星稜・奥川恭伸投手だけでなく、東芝・宮川哲投手まで逃してしまった。FA補強でも、目玉とされた楽天・美馬学はロッテに、ロッテ・鈴木大地は楽天に奪われ惨敗。巨人が本格的に獲得に動いて他球団に取られた例は、メジャー球団以外になかったのでは。そこにきて、今季15勝の山口俊がポスティングシステムで大リーグ挑戦。さらに、長年、チームを牽引してきた阿部慎之助が引退、外国人選手のゲレーロ、ビヤヌエバも退団。現時点での戦力ダウンは、間違いありません」(スポーツ紙記者)

 これではいかんとばかり、11月20日にナショナルズからジェラルド・パーラ外野手、12月に入ってホワイトソックスのチアゴ・ビエイラ投手と契約したが、それぞれ2割3分そこそこの打率と防御率9点台の2人が日本でどのくらい活躍できるかは、まったくの未知数だ。

「ドラフトでは、1位に最速151キロの本格右腕である堀田賢慎投手を獲得。ほかにも3位に菊田拡和内野手、6位に高校通算36本塁打の伊藤海斗外野手も加入したが、高卒ルーキーで即戦力としては期待できません」(前出・スポーツ紙記者)

 さらに追い打ちをかけるのが、エース菅野智之投手の今後。今季後半の腰の状態も心配だが、山口投手の異例の挑戦に刺激を受け、来季にメジャーに移籍する可能性さえ囁かれているという。

 原監督の手腕も見ものだが、久々に大型補強ナシとなりそうな巨人に、ファンの多くが不安を抱いているに違いない。(津田昌平)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
2
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス
3
小島瑠璃子、霜降りせいやへのアプローチに「まずは肉体関係から?」の指摘!
4
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
5
太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”