スポーツ

亀田三兄弟は「本当に強かった」のか?渡嘉敷勝男の“回顧告白”でネット沸騰!

「どんなもんじゃい!」

 これは2006年8月2日、ファン・ランダエタを〈2-1〉の判定で下し、初挑戦でWBA世界ライトフライ級のチャンピオンとなった当時19歳の亀田興毅がリング中央で咆哮したという、今も記憶に残る名言だ。

 その後、弟の大毅、和毅もそろって世界チャンピオンとなっており、実力は疑いようのない三兄弟に思えるのだが、世間の評価はどうも辛口なようで…。

「本当に強いんですかって、いろんなところで聞かれましたよ」

 と、語ったのは元WBA世界フライ級チャンピオンの渡嘉敷勝男。みずからのYouTubeチャンネル〈「渡嘉敷勝男公式」トカちゃんねる〉の、3月6日投稿の〈【亀田三兄弟は本当に強かったのか!?】元ボクシング世界チャンピオンが語ります〉で亀田三兄弟の実力を明かした。

「“強いに決まってるじゃないですか”と答えるわけですよ。だってボクシングの世界タイトルは、4回戦とか6回戦とか…段階がありますから、いきなりはできないんです。まして彼らは3人とも社会人の大会でチャンピオンになってますからね。弱いわけはないんですよ。世界レベルがあって初めて世界タイトルに挑戦できるんですから」

 と、亀田三兄弟の実力に太鼓判を押す渡嘉敷氏。加えて、「ビッグマウスでパフォーマンスが醜いと思われた方からは、(彼らの実力が)本当かな、ウソかなと思われたかもしれないけど」と、かつてマスコミウケを狙った亀田家の言動が、必要以上に世間の評価を下げてしまったと指摘した。

 これを受けて「とかちゃん、男だね。すべて納得」といった肯定派と「渡嘉敷さんが何と言おうと、亀田は大したことない!!」といった否定派に視聴者のコメントは真っ二つに分かれ、物議を醸している。

 また「記録は持っててもボクシング選手として記憶に残らない」「弱くは無い。印象に残らない」とのコメントもある通り、辰吉丈一郎や畑山隆則といった人気ファイターのような観客を沸かせる試合は少なかったかのもしれない。

 19年6月24日、興毅は格闘技界の風雲児、那須川天心とAbemaTVのスペシャルマッチで対戦している。結果は惜敗したが、世間の注目を大いに集め、興毅を見直す声もあった。〈勝つ〉ことを追い求めた元世界チャンピオンが沸かせることを知った時、世間の評価はガラッと変わるかもしれない。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
原監督が10年越しで“約束”を果たした「あのFA左腕」入団の裏側
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス