芸能

木村拓哉、「BG」が好調なのに全7話で終了になった「納得の理由」とは?

 春ドラマが季節外れに放送開始される中、今季最高視聴率を叩き出したのは、木村拓哉主演の「BG~身辺警護人」(テレビ朝日系)だった。

 テレ朝関係者が明かす。

「6月18日放送の初回視聴率は前日に放送された篠原涼子主演の『ハケンの品格』(日本テレビ系)の14.2%を上回る17%。2年前の第1シリーズの初回放送の15.7%を上回る好発進となりました。現場では『ロンバケ』『ラブジェネ』などフジテレビの黄金期を作った平成の視聴率男を迎える以上は、恥ずかしい数字を出せないというプレッシャーがあっただけに、ホッと一息ついたところです」

 そもそも、春ドラマは大型続編ドラマが目白押しだった。

「織田裕二の『スーツ2』(フジ系)、堺正人の『半沢直樹』(TBS系)などを用意していたのは、東京五輪のプレシーズンをテレビが盛り立てようとする前祝い的な仕掛けでした。誰もが待ち望む人気ドラマの再登板となれば、テレビの話題で景気付けは十分となる青写真でしたが、コロナ禍のおかげですべて吹っ飛んでしまいました」(テレビ誌記者)

 ところが、ようやく放送開始されたばかりという印象なのに、その「BG」が7月いっぱいでの放送終了が発表されたのだ。芸能デスクが語る。

「コロナ禍でドラマ撮影が大幅に遅れただけでなく、撮影が再開されてもロケや群衆シーンが必然となるドラマだけに、撮影は困難を極め、台本の書き直しが余儀なくされました。しかも、最大のヤマ場は東京五輪開催に際しての各国の要人警護を舞台としたストーリーとなる予定だったそうですが、開催延期で脚本も吹っ飛んでしまったわけです」

 コロナ失業はあのキムタクでも免れなかった!?

「五輪が来年に延期されたことで、“木村ガードマン”も来年再登板し、今度こそ新国立競技場で要人警護、という形で『BG』がスペシャル版か、シーズン3かはわかりませんが放送されるのではないかという話もありますよ」(前出・デスク)

 早めに切り上げたのは、続々編が決まった証左だった!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
小西真奈美、美しすぎる逆光バストショットに絶賛の声!サイズもアップか!?
2
アンタッチャブル柴田“タメ口タレントってどうなの?”発言にネット大喝采
3
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
4
深田恭子、「サーフボード手入れ中」水着姿公開でファンが「さすが!」大歓喜
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)