スポーツ

清原和博、「動画ゲスト」藤川球児を悔しがらせた「価値ある言葉」とは!?

 昨シーズンに引退した元プロ野球選手、藤川球児氏。「火の玉ストレート」とも称された伸びのあるストレートを武器に、阪神タイガース時代には2007年と11年の2度最多セーブ投手のタイトルを獲得。13年にはMLBに渡っている。

 そんな藤川氏が、西武ライオンズ、巨人などで活躍した元プロ野球選手、清原和博氏のYouTubeチャンネル〈清ちゃんスポーツ〉に出演。「火の玉ストレート」は清原氏が名付け親でもあることから、藤川氏が当時は自分のボールにどんな感想を抱いていたのかと質問、清原氏の回答に「アメリカに行く時にわかっていたら…」と悔しがる一幕を見せた。

〈【藤川と真っ向勝負?東京ドーム事件の全容】〉とタイトルをつけた1月30日投稿回を観てみると、「どう見えてたんですか、自分がこう投げた時に…」と藤川氏が身振りを加えて質問。これに清原氏は、「(投球フォームで)ゆっくり足を上げるでしょ。そこから上半身がバンって切った(投げた)時に、ボールの出所がわからない」と解説。出だしはそれほど速いとは思わないのだが、中盤からボールが加速してくると表現したのだった。

 スピードやキレが自身の最大の特徴だと考えていた藤川氏は、「出どこが見ずらいって言うのを、それこそアメリカに行く時にわかってたら、自分の特徴じゃないですか…」と、もっと早くに清原氏に教えを乞うていたら…と歯噛みの様子。MLBではケガの影響も多大にあったが、通算3年間で1勝2セーブ1ホールドに終わっている。

 ただし、清原氏が「火の玉ストレート」と名付けてくれたお陰で、変化球に頼り過ぎず、最後まで自身のスタイルを変えることなく済んだと清々しく口にした藤川氏。「照れますよね…」と清原氏がみずからの頭をかくといっためずらしい光景が目にできたまさに“神回”であった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ケガ離脱中」巨人・坂本勇人復帰後の「取り扱い」を原監督が明言した
2
健気!藤田ニコル、衝撃水着ブリッジに「“正面ショット”もお願いします」の声
3
藤田ニコル、インスタに水着姿公開もまさかの「ドテ高」に議論集中!
4
フジ井上清華、割れ目クッキリ四つん這いで髪を振り乱し…「ヌケる!」未公開映像
5
ピンク・レディー「再結成ステージ」がまさかの「15分で終了」のアキレた舞台裏/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史