芸能

黒島結菜、22年朝ドラヒロイン役に「新鮮味ゼロ」の声が出た背景に“あの男”

 2022年前期放送のNHK朝ドラ「ちむどんどん」のヒロイン・比嘉暢子を沖縄出身の黒島結菜が演じると発表されたのは、去る3月3日放送の同局の「あさイチ」冒頭でのことだった。

 22年に本土復帰50年となる、沖縄が舞台のこの作品。物語は、本土復帰前の1960年に沖縄本島北部「やんばる地方」のサトウキビ農家に4兄妹の次女として誕生した暢子(黒島)が、72年に高校を卒業し、シェフになる夢を叶えるために上京し、横浜の鶴見に暮らしながら一流レストランで修業をして、東京で沖縄料理の店を出したいと思うようになるという流れ。

 14年後期放送のNHK朝ドラ「マッサン」や17年7月期放送の武井咲主演ドラマ「黒革の手帖」(テレビ朝日系)などを手掛けた羽原大介氏が脚本、沖縄出身のジョン・カビラが語りを担当する。

「ネット上では『そろそろ黒島結菜がヒロインになると思っていた』『驚きも新鮮味もゼロ』といった声が数多くあがっています。中には、新鮮味がないことの背景を示唆するように、昨年6月の高良健吾との熱愛報道を引き合いに出している声もありました。『高良健吾が恋人ならNHKは黒島結菜を朝ドラのヒロインにするんだ』『黒島は2022年前期の朝ドラヒロイン。高良は放送中の大河ドラマ「青天を衝け」で主人公の従兄役。2人のご結婚は2021年末ですかね?』といったうがった見方です」(女性誌記者)

 今秋クランクイン予定だという「ちむどんどん」。“胸がワクワクドキドキする”という意味の沖縄の方言がタイトルになっている。キャスティングではワクワクしないとの声が出てしまったわけだが、そのぶんドラマの内容で、しっかり“ちむどんどん”させていただきたい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
歴史発見!親の仇・織田信長をうならせた…今川義元の子・氏真「名人級の技」
2
田原俊彦が思わず口走ったジャニー喜多川氏への本音「ジャニーさん、何も考えてないよ」
3
坂本勇人スキャンダルでも懲りず…巨人「女性暴行」メジャー追放投手を獲りたいって!?
4
「やれるものならまだやりたかった…」高橋由伸が明かした巨人監督「最終年の苦悩」
5
「ゼロじゃないと思う」阪神・矢野前監督が「サイン盗み疑惑」に驚愕発言!