芸能

黒島結菜、22年朝ドラヒロイン役に「新鮮味ゼロ」の声が出た背景に“あの男”

 2022年前期放送のNHK朝ドラ「ちむどんどん」のヒロイン・比嘉暢子を沖縄出身の黒島結菜が演じると発表されたのは、去る3月3日放送の同局の「あさイチ」冒頭でのことだった。

 22年に本土復帰50年となる、沖縄が舞台のこの作品。物語は、本土復帰前の1960年に沖縄本島北部「やんばる地方」のサトウキビ農家に4兄妹の次女として誕生した暢子(黒島)が、72年に高校を卒業し、シェフになる夢を叶えるために上京し、横浜の鶴見に暮らしながら一流レストランで修業をして、東京で沖縄料理の店を出したいと思うようになるという流れ。

 14年後期放送のNHK朝ドラ「マッサン」や17年7月期放送の武井咲主演ドラマ「黒革の手帖」(テレビ朝日系)などを手掛けた羽原大介氏が脚本、沖縄出身のジョン・カビラが語りを担当する。

「ネット上では『そろそろ黒島結菜がヒロインになると思っていた』『驚きも新鮮味もゼロ』といった声が数多くあがっています。中には、新鮮味がないことの背景を示唆するように、昨年6月の高良健吾との熱愛報道を引き合いに出している声もありました。『高良健吾が恋人ならNHKは黒島結菜を朝ドラのヒロインにするんだ』『黒島は2022年前期の朝ドラヒロイン。高良は放送中の大河ドラマ「青天を衝け」で主人公の従兄役。2人のご結婚は2021年末ですかね?』といったうがった見方です」(女性誌記者)

 今秋クランクイン予定だという「ちむどんどん」。“胸がワクワクドキドキする”という意味の沖縄の方言がタイトルになっている。キャスティングではワクワクしないとの声が出てしまったわけだが、そのぶんドラマの内容で、しっかり“ちむどんどん”させていただきたい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
大政絢&ワンオクToruの結婚で「弘中綾香アナとの破局理由」が再注目されたワケ
4
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
5
村上宗隆もヒヤリ!ヤクルト歓喜のビールかけで田口麗斗が絶叫した「禁断のセリフ」