芸能

有名人馬主24名「勝ち組・負け組」“秘”収支報告!(2)

 ブラッドスポーツとも呼ばれる競馬だけに、馬主もファンも常に種牡馬に悩まされるもの。特にディープインパクトとの交配は、牝馬を所有する生産者やブリーダーズオーナーから大人気だ。だが、大種牡馬サンデーサイレンスの1発2500万円に比べれば半額とはいえ、リスクは高い。現在、繁殖牝馬を7頭持つコパ氏も、ディープの子を牡、牝1頭ずつ所有している。

「08年春に2頭の牝馬にディープをつけたら2頭とも受胎が確認されてね。9月半ばに突然、2400万円の請求書が届いた。支払期限を見ると月末。半月しかないんだよね。しかもその後は、競走馬としてはダメだったな。結局、繁殖として残しているんだけど、赤字の上塗りかな。でも、楽しむしかないよね(笑)」

 ディープの子とはいえ、昨年でも中央で勝利した頭数は35頭という狭き門だ。スポーツ紙デスクが話す。

「12年に馬主になった俳優の伊藤英明(38)のソードブレイカーは、父がディープで3000万円弱したそうですが、〈0136〉で引退。ツヴァイハンダーも中央では美酒を味わえぬまま地方の名古屋で初勝利。昨年のセレクトセールには福永騎手を引き連れて、馬探しをしていましたね」

 伊藤に限らず、中央1勝の壁が高く険しく映る。前出のデスクが続ける。

「1月3日に亡くなられたやしきたかじんさん(享年64)は、凝り性で血統に詳しかった。GI馬レッドディザイアの母グレイトサンライズは、たかじんさんの所有馬だったんです。現役時代は7戦1勝も、新馬戦を勝ち上がった能力は本物で、売却後に血統研究の成果が出るなんて皮肉ですが、それも競馬の世界ではよくあるエピソードですね」

 逆に、馬に救われたのが萩本欽一(72)だ。競馬好きの放送作家が言う。

「名馬スペシャルウィークやグラスワンダーを相手に華麗な逃亡劇を演じたアンブラスモア(仏語で『私にキスして』)は、欽ちゃんが映画製作で失敗して数億円という負債を抱え、苦境に立たされた時に走りまくったんです。『もう何度でもキスしちゃうよ』って感謝してましたね」

 まさに悲喜こもごも。それだけに馬主は、馬の購入や預託費に神経を注ぐ。

「年間の予算からそれぞれの上限を決めてます。オーバーしそうになれば売却や引退を考え、在厩頭数をしぼり込み、次回の買い入れ計画も練り直す。馬券にも通じることですが、『今日のところはここで手じまい』っていう撤退のしかたが大切。そこをしっかりとやれてこれたからこそ、馬主として12年目を迎えられたんだと思いますね」(コパ氏)

 一昨年、ヴィルシーナやマジンプロスパーの活躍で、馬主ランキング48位に躍進した「ハマの大魔神」こと佐々木主浩(45)も、綿密な戦略を立てているという。

 競馬ライターが語る。

「多くの所有馬を持っているイメージがありますが、『1世代2頭まで』と決めて、少数精鋭のラインナップを貫いています。09年にセレクトセールで買ったスペルヴィア(10戦2勝)が現役馬の中で最も高額(8190万円)だと思いますが、購入時には外車を売ることで夫人の承諾をもらったそうです。12年度、わずか6頭の出走頭数で3億円を稼いでも、そのスタンスは変えないようです」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
櫻井翔が披露した「嵐グループメール」のレスの速さにファン驚嘆!
2
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
3
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…
4
注目はF胸だけじゃない!土屋太鳳、同性人気も集めた“開き直り肌見せ戦略”
5
フリー転身も間近?TBS宇垣美里、先輩・田中みな実を超えた「名艶技」!