芸能

有名人馬主24名「勝ち組・負け組」“秘”収支報告!(2)

 ブラッドスポーツとも呼ばれる競馬だけに、馬主もファンも常に種牡馬に悩まされるもの。特にディープインパクトとの交配は、牝馬を所有する生産者やブリーダーズオーナーから大人気だ。だが、大種牡馬サンデーサイレンスの1発2500万円に比べれば半額とはいえ、リスクは高い。現在、繁殖牝馬を7頭持つコパ氏も、ディープの子を牡、牝1頭ずつ所有している。

「08年春に2頭の牝馬にディープをつけたら2頭とも受胎が確認されてね。9月半ばに突然、2400万円の請求書が届いた。支払期限を見ると月末。半月しかないんだよね。しかもその後は、競走馬としてはダメだったな。結局、繁殖として残しているんだけど、赤字の上塗りかな。でも、楽しむしかないよね(笑)」

 ディープの子とはいえ、昨年でも中央で勝利した頭数は35頭という狭き門だ。スポーツ紙デスクが話す。

「12年に馬主になった俳優の伊藤英明(38)のソードブレイカーは、父がディープで3000万円弱したそうですが、〈0136〉で引退。ツヴァイハンダーも中央では美酒を味わえぬまま地方の名古屋で初勝利。昨年のセレクトセールには福永騎手を引き連れて、馬探しをしていましたね」

 伊藤に限らず、中央1勝の壁が高く険しく映る。前出のデスクが続ける。

「1月3日に亡くなられたやしきたかじんさん(享年64)は、凝り性で血統に詳しかった。GI馬レッドディザイアの母グレイトサンライズは、たかじんさんの所有馬だったんです。現役時代は7戦1勝も、新馬戦を勝ち上がった能力は本物で、売却後に血統研究の成果が出るなんて皮肉ですが、それも競馬の世界ではよくあるエピソードですね」

 逆に、馬に救われたのが萩本欽一(72)だ。競馬好きの放送作家が言う。

「名馬スペシャルウィークやグラスワンダーを相手に華麗な逃亡劇を演じたアンブラスモア(仏語で『私にキスして』)は、欽ちゃんが映画製作で失敗して数億円という負債を抱え、苦境に立たされた時に走りまくったんです。『もう何度でもキスしちゃうよ』って感謝してましたね」

 まさに悲喜こもごも。それだけに馬主は、馬の購入や預託費に神経を注ぐ。

「年間の予算からそれぞれの上限を決めてます。オーバーしそうになれば売却や引退を考え、在厩頭数をしぼり込み、次回の買い入れ計画も練り直す。馬券にも通じることですが、『今日のところはここで手じまい』っていう撤退のしかたが大切。そこをしっかりとやれてこれたからこそ、馬主として12年目を迎えられたんだと思いますね」(コパ氏)

 一昨年、ヴィルシーナやマジンプロスパーの活躍で、馬主ランキング48位に躍進した「ハマの大魔神」こと佐々木主浩(45)も、綿密な戦略を立てているという。

 競馬ライターが語る。

「多くの所有馬を持っているイメージがありますが、『1世代2頭まで』と決めて、少数精鋭のラインナップを貫いています。09年にセレクトセールで買ったスペルヴィア(10戦2勝)が現役馬の中で最も高額(8190万円)だと思いますが、購入時には外車を売ることで夫人の承諾をもらったそうです。12年度、わずか6頭の出走頭数で3億円を稼いでも、そのスタンスは変えないようです」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「旧姓の印鑑を即捨て」「服は10着だけ」北川景子のプロフェッショナルな「処分&整理力」が潔すぎる
2
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
3
「手で隠すなら出すな!」梨花が非難を浴びた「ボタン全開バスト」の中途半端な見せたがり
4
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
5
35歳・マリエの顔が…38歳・藤井リナに「公開処刑」食らった「枕営業」暴露の痛手