女子アナ

NHK林田理沙、年明けから“まん丸バスト”強調!ファン歓喜の“色香放出”加速

 1月2日、NHKの林田理沙アナが、「ブラタモリ×鶴瓶の家族に乾杯 新春スペシャル2022」に出演。そのピタピタのニット姿にファンから大歓声が上がった。

 この日のコラボ特番では、“知っているようで知らないNHKの裏側”として、タモリと笑福亭鶴瓶がNHK放送センターを探索。2人がアナウンス室を訪れ、「ブラタモリ」で5代目アシスタントを務めていた林田アナとトークを画面が訪れたのだが…。

「林田アナは、鮮やかなブリーのニットにロングスカートという姿で登場。そのニットが肌に張り付くようなピッタリサイズで、形の良いまん丸のバストラインをくっきり浮かび上がらせていたんです。それほどバストを強調させるイメージはない彼女ですが、推定Cカップはありそうなボリューム感で、腕やウエストなど、その他のパーツが華奢な上にもともと姿勢も正しいことから、その大きさが際立って見えましたね」(女子アナウオッチャー)

 ファンにとっては新年早々のお年玉になったわけだが、実は林田アナが今年に入って注目されたのは、これが“初”ではない。

「元日にはEテレで放送された『植物に学ぶ生存戦略 話す人・山田孝之』に出演。こちら山田と“聞く人”の林田アナが掛け合いをするシュールな科学番組で不定期放送なのですが、6回目となる今回は、いつものシックな黒の衣装に加え、ノースリーブで真っ白な二の腕を出すとともに髪をアップにした妖艶な姿で登場。ネット上では《フェロモンが溢れまくってる!》などといった声が飛び交っていましたね」(前出・女子アナウオッチャー)

 NHK女子アナの中でも人気上位と言われる林田アナ。今年も男性視聴者を魅了しそうだ。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
綾瀬はるか、「Fバスト」が隠しきれない!四十路前でも“張り”最高潮の最新映像
2
高橋真麻が「奇跡の1枚」公開!ほっそりボディに“Gバスト”はまるで別人だッ
3
“Fバスト”がこぼれ出てる!?谷まりあ、「片パイ強調」事態に視聴者クギ付け
4
雛形あきこ、温泉ロケで見せた「Eバスト渓谷クッキリ場面」に視聴者クギ付け!
5
井上清華アナの次のエース!?フジ・藤本万梨乃のハイスぺ素顔と2人の“意外接点”