女子アナ

NHK林田理沙、年明けから“まん丸バスト”強調!ファン歓喜の“色香放出”加速

 1月2日、NHKの林田理沙アナが、「ブラタモリ×鶴瓶の家族に乾杯 新春スペシャル2022」に出演。そのピタピタのニット姿にファンから大歓声が上がった。

 この日のコラボ特番では、“知っているようで知らないNHKの裏側”として、タモリと笑福亭鶴瓶がNHK放送センターを探索。2人がアナウンス室を訪れ、「ブラタモリ」で5代目アシスタントを務めていた林田アナとトークを画面が訪れたのだが…。

「林田アナは、鮮やかなブリーのニットにロングスカートという姿で登場。そのニットが肌に張り付くようなピッタリサイズで、形の良いまん丸のバストラインをくっきり浮かび上がらせていたんです。それほどバストを強調させるイメージはない彼女ですが、推定Cカップはありそうなボリューム感で、腕やウエストなど、その他のパーツが華奢な上にもともと姿勢も正しいことから、その大きさが際立って見えましたね」(女子アナウオッチャー)

 ファンにとっては新年早々のお年玉になったわけだが、実は林田アナが今年に入って注目されたのは、これが“初”ではない。

「元日にはEテレで放送された『植物に学ぶ生存戦略 話す人・山田孝之』に出演。こちら山田と“聞く人”の林田アナが掛け合いをするシュールな科学番組で不定期放送なのですが、6回目となる今回は、いつものシックな黒の衣装に加え、ノースリーブで真っ白な二の腕を出すとともに髪をアップにした妖艶な姿で登場。ネット上では《フェロモンが溢れまくってる!》などといった声が飛び交っていましたね」(前出・女子アナウオッチャー)

 NHK女子アナの中でも人気上位と言われる林田アナ。今年も男性視聴者を魅了しそうだ。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
3
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
4
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
5
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件【2024年6月BEST】