スポーツ

掛布雅之が打席で激怒した一目で分かる「死球を狙う投手」の仕草とは

 日本プロ野球において、昨今ではとんと見なくなった乱闘騒ぎ。その原因の大半は、死球が減ったことにあるだろう。

「ケンカ投法」の異名も取った東尾修氏の通算165与死球は日本プロ野球記録ながら、1978年のシーズン最多「16」は、20位以内にも入っていない。

 1位は68年に「22」を記録した、森安敏明氏(東映)。2位は「21」で2002年のジェレミー・パウエル氏(近鉄)と続き、意外にも小林繁氏も阪神時代の80年に「20」を記録し3位入りしている。

 元巨人・江川卓氏のYouTubeチャンネル「江川卓のたかされ」に、1シーズンに受けた最多死球は76年の「4」と、避ける技術にも卓越していた元阪神、掛布雅之氏が出演。同じ死球でも、怒りが込み上げるものと、そうでないものがあるといった興味深い話を明かしている(2月19日付け投稿回)。

 掛布氏は3度の三冠王に輝いた落合博満氏について、危険な球を回避したいことからインコース高めに最初構えた、いわゆる“神主打法”とも呼ばれるオープンスタンスになったのだろうと解説。また自身の死球体験について、「バッターがね、なぜボールを当てられて怒るかというと、ピッチャーの目が“ココ”見てるんだよね。それは“狙ってるな”ってなるわけ」と、右腕をポンポンと叩き、つまりは投手が一瞬見せる視線の先によって、故意に当てようとしているか分かったという。

 そんなときは「ふざけんなよ!」と思いながらバッターボックスに立っていたことを掛布氏が明かすと、「ボクは1回も無いから…」と、通算与四球「23」と少ない江川氏がドヤ顔で笑いを誘っていた。

 死球も戦術の1つと考えられていた時代もあったかもしれないが、打者としては命がけ。回避できるのも好打者の条件ということだろう。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意
2
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
3
タイ移住で飲食店を開いたら現地の日本人に「とんでもない嫌がらせ」をされて帰国するハメに
4
氷川きよし「暴行セクハラと恐喝」ドロ沼大騒動の決着点/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
サッカー元日本代表FWを拒絶した「鹿島アントラーズ」スカウトの見る目のなさ