スポーツ

WBC侍ジャパン「機密情報ダダ漏れ」警報(1)練習風景が世界に公開された影響で…

 栗山ジャパンが大揺れに揺れている。大谷翔平(28)が無事に合流した一方で、攻守の要として計算されていた鈴木誠也(28)が左脇腹痛で代表を辞退。そればかりか、本戦を目前にした“想定外”は他にも発生していた。なんと、大フィーバーを巻き起こした宮崎強化合宿の裏で、侍たちのマル秘データが垂れ流しにされていたのだ。

「完全にNPBの失態ですよ。あまりにも金儲けに前のめりになりすぎた」

 と吐き捨てたのはさる球界OBである。2月17日~27日にかけて実施された「侍ジャパン宮崎キャンプ2023」。延べ18万人を超えるファンが大挙押しかけたが、その盛況ぶりを後押ししたのは、代表チームの一挙手一投足を映した“生中継”であろう。スポーツ紙デスクが解説する。

「練習風景や強化試合が生配信されていました。従来のCSチャンネルだけではなく、侍ジャパンの公式YouTubeチャンネルや『Paravi』をはじめとする配信サービスで世界中に大公開。そのおかげで、6年ぶりのWBCに向けた機運が熟したのは事実です。球場のグッズ売り場には連日にわたって長蛇の列ができ、代表ユニフォームの完売が続出するぐらいにファンの購買意欲を刺激していましたからね」

 しかしながら、興行的な成功は諸刃の剣にほかならない。リアルタイムで配信された動画の中には、秘するべき選手たちの“機密情報”が多分に含まれていたのだ。球界OBがため息交じりに語る。

「ファンサービスのつもりなのかもしれないが、練習風景をタダ同然で他国に提供しているのに変わりはない。ライバルの韓国なんかは、偵察部隊に経費をかけずに済んでほくそ笑んでいるだろうよ。現地に赴かなくても、メイングラウンドやブルペンをいろんな角度から撮ってくれるサービスぶりなんだからさ。動作解析が進んでいるアメリカにしてみれば攻略法が一目瞭然。選手のコンディションまで丸裸にされてしまう」

 そんなガバガバの情報セキュリティーに対する意識は、代表合宿第1クールから垣間見られた。

「2月17日~19日の3日間、ドジャースのアンドリュー・フリードマン取締役本部長ら4人の編成幹部が視察に訪れたんです。代表合宿で、メジャーの編成担当にゲストパスを発行するとは異例中の異例。そればかりか、ブルペンの中に入る許可まで出していた。19日には佐々木朗希(21)の投球ぶりをダルビッシュ有(36)ら代表投手と並んで見学。当然、見聞きした情報は本国の代表チームに伝えられるでしょう。他の団体スポーツのナショナルチームではありえない話ですよ」(スポーツ紙デスク)

 しかも情報の流出先はアメリカのみならず。

「同行していたジョン・ディーブル環太平洋スカウトは、第1回大会から前回大会までWBCオーストラリア代表の監督を歴任してきた人物です。図らずも、1次ラウンドで戦うライバルに塩を送る形になりましたね。また23日には、ラジオの取材で訪れたとんねるずの石橋貴明(61)をブルペンに入れる“VIP対応”もあった。NPBは、メディアを含む部外者を規制線の中に入れることに抵抗がなさすぎます。こんな体たらくだけに、情報がダダ漏れでも気にならないんでしょうね」(スポーツ紙デスク)

 まさにスパイ天国ニッポン。本戦を前にした情報戦ではすでに完敗の形だ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」