政治

和歌山1区「自民敗北」で「なんであんな悪評スキャンダル男を出したのか」二階&世耕の大失敗

 岸田政権への「中間評価」ともいえる衆参5補欠選挙で、自民党は3議席から4議席と議席を増やした。激戦となった衆院千葉5区、参院大分選挙区で勝利し、党内からは安堵の声が漏れるが、唯一、蚊帳の外となったのが、維新候補に敗北した衆院和歌山1区だ。しかも、和歌山は二階俊博元幹事長、世耕弘成参院幹事長という大物議員の地元。この2人は世耕氏の衆院への転出をめぐり、普段は犬猿の仲だが、今回は共に責任を問われている。

「そもそも鶴保庸介元沖縄北方担当相を出しておけば、こんなことにならなかった。二階、世耕両氏が評判の悪い門博文候補を出した責任は重い」

 と憤るのは、自民党選対関係者だ。

 和歌山選挙区選出の鶴保氏は、当初から鞍替えに意欲を示していたが、それに異論を唱えて門氏を支持したのが、世耕氏と同じ和歌山選出の石田真敏元総務相だった。自民党選対関係者は、こんな見方をする。

「衆院への鞍替えを目指していた世耕氏が手を挙げればよかったが、本人は地元の和歌山2区にこだわった。ただ、鶴保氏に鞍替えで先を越されるのはおもしろくないので、門氏を推したのでは」

 鶴保、門両氏ともに二階派に所属しているため、県連会長の二階氏としても、どちらかを推すわけにいかない。二階氏は最終的に門氏を選んだ理由について「(県連所属国会議員の)力強い後押しだ」と述べ、世耕氏らの門氏支持が決め手となったと説明した。

 だが、門氏の評判の悪さは、世耕氏もよく知っているところ。同じ二階派に所属していた中川郁子衆院議員との路上キス不貞スキャンダルが週刊誌に報じられるなど、素行の悪さで有名だったからだ。選挙戦でも候補者とは思えないふてぶてしい態度だと、世耕氏は門氏に対して不満を示していた。

「世耕氏とすれば勝つにこしたことはないが、負けても二階氏の威信が低下するだけと、割り切っていたのではないか」(前出・自民党選対関係者)

 ただ、岸田文雄首相に対する襲撃事件が起き、県連が結束したにもかかわらず、公認候補を当選させることができなかったことは、世耕氏の威信も低下する事態となった。

 この敗北により、世耕氏の鞍替えにも影響が出ることが予想される。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
3
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴