スポーツ

今季初登板の若手投手を「10失点晒し者」にした中日野手と立浪監督を里崎智也と高木豊がコキ下ろし

 あの衝撃の光景が今も目に焼き付いている野球ファンは多いのではないか。

 それは8月25日のDeNA戦、9回に登板して1イニング8安打5四死球、10失点と無残な打ち込まれ方をした、中日の近藤廉のことである。投じた球数は実に62球。

 野球解説者・里崎智也氏はYouTubeチャンネル〈Satozaki Channel〉で、次のように苦言を呈した。といっても、大炎上した近藤に対してではない。

「誰か(マウンドに)行かなきゃ。ベンチから行かなきゃ。ボケーッと見てる場合じゃないよ。10失点してんのに誰も行かないの、初めて見たかもしれない」

 孤立無援のまま、ただひたすら打たれ続けた近藤について、里崎氏は次のような懸念を抱いているという。

「トラウマになっちゃう可能性がある、10失点もしちゃうと。次、投げる時に何かの恐怖心があったりとか、何かメンタル的なもので必要以上に警戒しすぎちゃたりとか…。10失点中、ほったらかしはキツイよ」

 近藤はこの試合が、今季1軍初登板だった。確かにいきなりこの状態では、トラウマになりかねない。

 これに援護射撃を加えるのは、野球解説者の高木豊氏だ。これまたYouTubeチャンネル〈高木豊 Takagi Yutaka〉で、次のように吠えたのだ。

「ピンチの間に行ったのは宇佐美(真吾)くらいで、誰も声をかけないっていうね。これが経験不足なのか、そのくらいのチームのモチベーションしかないのか…」

 立浪和義監督を筆頭とするベンチを、痛烈に批判したのである。

 これまでのイニング最多投球は、2004年4月7日の横浜戦の8回、阪神・吉野誠が投じた64球だ。次いで近藤なのだが、これは巨人・斎藤雅樹とタイ記録。斎藤は1991年8月13日の大洋戦の6回だった。

「ちなみに、2004年の阪神は岡田彰布第1次政権の1年目で4位。1991年の巨人は藤田元司第2次政権の3年目で、これまた4位。記録的な晒し者投手を生み出したシーズンは、チーム状況が悪いことを物語っています」(スポーツライター)

 立浪監督の1年目は最下位。今年もまた、ぶっちぎりのリーグ最下位に低迷している。なお、たった1試合で防御率72.00となった近藤は登板翌日に、1軍登録を抹消されている。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
2
西武「史上最速で自力V消滅」「借金20でアウト」松井稼頭央監督と平石洋介ヘッドコーチ「セットで退場」Xデー
3
「ちょっと待って」と視聴者!由美かおる73歳の短すぎるスカートが真っ昼間にさく裂で「これ、ひざ上何センチ?」
4
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから
5
テレ朝・斎藤ちはるがラグビー日本体表・姫野和樹とカメラも気にせず寄り添って…