スポーツ

スタン・ハンセン 来日緊急インタビュー!“シニア世代への熱血エール”「天龍との戦いにはリアルな反応が起きていた」

20151203s

 常に全日本のトップレスラーとして君臨し続けたハンセンにとって、印象深い日本人レスラーは他にも少なくない。「四天王プロレス」を確立したのちの全日本、プロレスリング・ノアのエースとして活躍した三沢光晴からは、精神的な強さを感じていた。

「(09年6月に)三沢が逝ってしまったのは、非常に残念だ。とても危険度の高い、恐ろしい技を食らっても立ち上がって、向かっていこうという姿勢があったから、そうなってしまった。だが、それがプロレスなのだ。プロレスとは、そういうものなのだ」

 常にトップにこだわり続けたハンセンは、三沢にトップのポジションを譲るつもりはなかった。何度も叩き潰すが、それでも三沢ははい上がり、92年8月の三冠王者戦でついにシングルでハンセンから初勝利を奪った。三沢とは、その後も激闘を続けたライバルでもあった。過去の死闘の裏側をハンセン自身が初めて明かした。

「お客さんが気づいていたかはわからないが、三沢のエルボーは、耳の後ろあたりに入れてくる。そこをわざと狙ってきた。耳の後ろは、非常に危ない個所なのだ。そういう急所に入れられたりしたら、当然、やり返さなきゃいけない。それがリングの常識だ」

 今回の来日でハンセンは、現役時代に数々の激闘を演じた天龍源一郎の引退セレモニーにも参加した。ハンセンにとって天龍は日本人の対戦相手としてベストであり、激しくやり合ったが、心からリスペクトしている存在だった。

「天龍とは、若手時代にアメリカで一緒の車で会場へ行ったことから始まって、控え室まで追っかけ合って大喧嘩したり、実質的な最後の対戦相手だったりと、不思議な縁を感じずにはいられない。タッグを組んだこともあった。通常は、試合前に作戦の打ち合わせをするものなのだ。『向こうが、これできたらどうする?』とか。だが、私たちの場合、試合前の作戦など無意味だった。なぜなら、私も天龍も自分が何をしでかすか、まったく予測不可能だから。だからリアルなアクションが起きる。それに対して、リアルな反応が返ってくる。もう、それだけだ。自分たちはそういうスタイルでやっていた」

 プロレス人生を完全燃焼し、引退後も最高の日々を送っていると語るハンセンが、最後にこんなメッセージを送ってくれた。

「引退して15年という歳月がたっても、ファンが自分のことを覚えていてくれるのはとても光栄なことだ。本には、引退後の人生で経験したこと、引退した今だから落ち着いて話せることを書き連ねた。私の考え方がベストだとは言わないが、希望を持つ後押しになるような言葉を一つでも感じていただけたら幸いだ」

 ハンセンのロングホーンは、今でもファンの胸にこだまする。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
3
これで6億円!? 巨人・坂本勇人の適正年俸を算出したら…来季からは「代打要員」に
4
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
5
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった