芸能

レベッカの紅白出場に茶々を入れるのは音楽を知らない若者だけ?

20151204rebecca

 今年再結成を果たしたレベッカが、デビューから32年目にして紅白に初出場。1980年代の全盛期を知るファンから歓迎の声があがるなか、20代以下の若者からは「聞いたことがない」、「今さら声が出るの?」といった否定的な声も聞こえてくる。そんな声を音楽ライターが一笑に付す。

「自分が知らないものを否定するのは、ネット世代の若者にありがちな安直な反応ですよ。レベッカの再結成は今年の音楽界における一大トピックで、横浜アリーナと埼玉スーパーアリーナでのライブはソールドアウト。数々のヒット曲を耳にして涙を流したファンも多かったのです」

 1980年代にはファッションアイコンとしても人気だったボーカルのNOKKOもいまや52歳に。体格は立派になったが、レベッカ解散後も音楽活動は続けており、伸びやかな歌声が健在なことは再結成ライブでも証明済みだ。音楽ライターが続ける。

「レベッカがスゴいのは、30年経ってもかつてのヒット曲が色あせていないこと。『フレンズ』はYUIや中川翔子、ステレオポニーらがカバーしており、時代を超えて歌い継がれています。ガールズバンドがカバーすることも多く、バンド女子の間での認知度も高め。レベッカを知らない層には、音楽にさほど興味がない若者が多いんじゃないでしょうか」

 一方で、口さがない連中からは「紅白初出場だなんて、本当に人気があったのか?」という疑問も飛んでいるとか。こちらについても音楽ライターが一刀両断してみせる。

「1980年代まではロックバンドが紅白に出ること自体が異例で、例外はサザンオールスターズやチェッカーズくらいのもの。BOOWYやBARBEE BOYSも出場していませんし、HOUND DOGはNHKから6年前のヒット曲である『ff(フォルティシモ)』を歌うように要望されたことに反発し、第42回(1991年)の内定を辞退しています」

 どうやらレベッカの紅白出場には、時代の変化も後押ししているようだ。今年の紅白には若者向けの出場者が多いと言われているが、40~50代の壮年世代は、レベッカを見て当時の思い出に浸ることができそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆が「亀の頭チラッと見せ」ショットを公開!意味深すぎて男子騒然
2
梅宮辰夫の電話番号を消す和田アキ子に「意味がわからない」大ブーイング!
3
木村拓哉、「グランメゾン東京」でのセリフが“違和感”放っちゃった理由!
4
あのコンビが原因?とろサーモン久保田が上沼恵美子にキレた本当の理由
5
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは