芸能

みんな知っていた?清原の薬物使用をチームメイトはなぜ通報しなかったのか!?

20160210kiyoharab

 薬物の所持容疑で逮捕された、元プロ野球界のスーパースター清原和博容疑者。

 逮捕劇から日が経つにつれて、清原容疑者が薬物に手を染めながら孤立を深めていったことがわかってきた。

「KKコンビとして一世を風靡した桑田真澄や、現役時代、打席テーマ曲に『とんぼ』を提供して兄弟のような関係を築いてきた長渕剛とも絶縁していたことが判明しました。清原に薬物の噂が出たことが原因だったようです」(スポーツ紙デスク)

 友人だけでなく、その年の9月には亜希さんとも離婚。

「銀座のママとの旅行が発覚した時も、子供たちのために離婚を思い止まった亜希さん。さすがに薬物疑惑が報じられてからは、子供たちを守るために離婚に踏み切るしかなかった。名門大学の付属校に通う中学1年と小学4年の息子のためにも、正しい選択だったのではないでしょうか」(前出・スポーツ紙デスク)

 西武ではスーパースターだった清原の歯車が狂い始めたのは、巨人にFA移籍してから。

「鳴り物入りでFA入団したものの、生え抜き選手との待遇格差に苦しんでいました。結果を出すために肉体改造したもののケガに泣き、最後にはナベツネに『光っているのはピアスだけだ』と揶揄される始末。もし、ドラフトで桑田問題がなく、すんなり巨人入りできていたら、生え抜き選手として厚遇され、とてつもない記録を作っていたかもしれません」(スポーツ紙記者)

 薬物を初めて使用した時期はわかっていないが、巨人時代の元同僚はフジテレビの情報番組で「当時のチームメイトはみんな知っていた」と衝撃の証言をしている。

「医師が薬物中毒者を診断した場合、もしくは公務員が薬物を使用していると知った場合を除けば、刑法上は知っていても警察に通報する義務はありません。清原のあの性格ですから、口を挟めばなんらかのトラブルになる可能性は高そうですから、チームメイトも恐ろしくてだんまりを決め込むしかなかったのでしょう」(法曹関係者)

 もし周囲にカラダを張ってとめてくれる人がいれば、また別の未来もあったのだろうか‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山口達也に続きさんまも「標的」に!? 泰葉の“便乗商法”に世間はウンザリ
2
西城秀樹「急逝報道」での安藤優子“ナマ号泣”に視聴者から冷ややかな声が!
3
“下腹部のスジ”見えた!? フジ鈴木唯、脚開き連発に男性視聴者が大興奮
4
坂口杏里、踊り子デビューも「集客方法」が前代未聞レベルの必死さ!
5
「重病説」が飛び交うホリケンの「顔色が悪い本当の理由」とは?