社会

血管の名医が解説!これが「突然死しない1日」だ!(1)起床時の行動には十分注意を

20160428o

 医学的に言うと、「突然死」とは、直接の死因となる症状が表れてから24時間以内に死亡することを意味する。驚くことに、今や心筋梗塞や脳卒中などで突然死する人の数は年間約10万人。その枠に入らないために我々がすべきこととは何なのか。

 文字にすると一段とおどろおどろしくなる「突然死」。死亡率トップのガンに迫る勢いで増加しているという。「突然死しないのはどっち?」(すばる舎)の著書で知られる血管の名医、池谷医院(東京都あきる野市)の池谷敏郎院長に、朝起きてから夜寝るまでに潜む突然死の危険と、安全に1日を過ごすための行動を解説してもらった。

 まずは、起床──。朝は自律神経が副交感神経から交感神経へと変わる不安定な時間帯である。そのため、突然死のリスクが最も高いと言われるが、目覚まし時計が鳴ってもすぐに起きてはいけない。スマホでお気に入りの曲を大音量で流して飛び起きる。そんな人も少なくないはずだが、

「人間の体というのは起きる頃、自然に交感神経が緊張し、脈や血圧が上がり始めています。そんな状態で突然、大きな音で飛び起きたら交感神経が一気に緊張し、心臓に負担がかかることになります」

 朝は「スヌーズ機能付き目覚まし時計」でゆっくり起きる。それが突然死回避につながるという。

 正しく布団から出たら、まず向かうのがトイレ。

「特に疲れている時や酒を飲んだ翌日に多いのが、排尿を我慢して血圧が上がっている状態から、放尿で血圧が急降下し、排尿失神を起こしてしまうケース。失神して転倒時に衝撃を受ければ、脳出血やクモ膜下出血を起こす可能性もあります。そのため、男性も座ってしたほうが安全です」

 トイレを我慢するだけで血圧は急上昇するので、我慢しないことも重要だ。

 無事にスッキリしたら、洗面所へ。冷たい水で顔を洗って気分をシャキッとさせ、1日がスタート‥‥すると思ったら、これも間違いだった。

「これからの季節はまだしも、特に冬場の寒冷刺激は血圧を上昇させるので、たいへん危険です」

 朝は自律神経が不安定な時間帯。突然死を防ぐためにも、洗顔や歯磨きはぬるま湯で行う。これが鉄則だ。

 出勤前の時間を利用してジョギングで汗を流すビジネスマンも多い。

「起きて1時間以内は、脳卒中や心筋梗塞が最も多い“魔の時間”です。特に夏場は大量の汗をかくため脱水状態になり、血圧、脈拍ともに上がって血液が固まりやすくなる。そんな状態で走るなんて危険な行為に他ならない。せめて起きてから1時間くらいはダラダラするべきです」

 どうしてもジョギングしたい場合は夕方に。それが無理なら、帰宅後がオススメである。

 ジョギングを思いとどまったところで、朝食の時間となった。実はこの朝食が、1日の食事メニューの決め手となるという。

「健康にいいからと、朝はバナナとリンゴにハチミツをたっぷり入れたスムージーを飲み、さらにトーストやシリアルも食べるなんていう人がいますが、これではカロリーが高すぎて逆に健康を害します。朝食で1日のバランスを考え、例えば夜に飲み会があるなら、朝昼は軽く済ませておく。そう心がけるだけで、食べすぎ飲みすぎは防止できるはずです」

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
まるでコント?劇場版コード・ブルー「流血シーン」続出にドン引きの声も
3
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…
4
安室奈美恵が明かしたオフの過ごし方に「浜崎あゆみと大違い」と称賛の声!
5
関ジャニ∞・錦戸亮、「西郷どん」放送中に不貞&妊娠騒動でNHK追放の危機!