芸能

「ガキ使」フリートーク復活リニューアルも視聴者から大不評だったワケ

 4月2日に放送されたバラエティ番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」(日本テレビ系)の視聴率が、7.1%だったことがわかった。同番組は今回、8年ぶりにフリートークコーナーを復活させたという。

「『ガキ使』は元々、前半が企画コーナー、後半がトークコーナーと2部構成でしたが、約8年前からトークがなくなっていました。それが今回、久々にダウンタウンが2人だけでトークするとあって、放送前から話題となり、視聴者の注目を集めました。視聴率も、前回3月26日の6.9%からアップしています」(テレビ誌記者)

 放送では2人がお揃いのスーツを着て登場し、多くの観客が見守る中で久しぶりのトークを繰り広げた。

 しかし放送中、視聴者からは辛辣な声が飛び交っていたという。

「この春から番組は、一部のスタッフを入れ替えて、大幅なリニューアルを行いました。そのため、これまでのカラフルな背景セットや、音楽ユニット『コールドカット』によるOPとEDの定番ジングルも廃止。セットはシャンデリアのある高級なものとなり、OPはスタイリッシュな映像に変更されました。またトーク中は、“ここで笑ってください”と言わんばかりに、ダウンタウンの言葉にテロップがつけられるなど様々な変更があったことで、視聴者からは『テロップがトークをぶち壊してる』『リニューアルなんてしなくていい!』『あのOPとEDの曲が好きだったのに!』と出演者よりも、スタッフの演出に批判が集まる事態となったのです」(前出・テレビ誌記者)

 放送28年目にして大幅なリニューアルに踏み切った「ガキ使」。しかし人気番組でファンも多いだけに、その変更を受け入れられない視聴者も多かったようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
手越祐也の“弁当宅配”に水を差した「道交法違反では?」疑問の声!
2
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
3
「ドクターX」米倉涼子の降板説で飛び交う“2代目大門未知子”仰天候補
4
「肌がピチピチ!」生田斗真は恋人・清野菜名のアソコに惚れた?
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃