スポーツ

「ハンカチにならなくてよかった」!?清宮幸太郎「プロ志望表明」に賛同の嵐

 9月22日、ドラフト候補の目玉である早実の清宮幸太郎内野手が同校で会見を開き、卒業後のプロ入り志望を表明した。清宮は「自分を厳しく指導して成長させてくれる球団」を希望するとして、「(早実の)先輩である王さんの数字は、自分の目標となる数字なのかな」「目指さなきゃいけない使命感」と大きな目標を掲げた。

 この報道に、ネット上では「プロ行きの判断は正解だと思う」「即プロで鍛えたほうが間違いなく伸びる」「ドラフトが楽しみ!」など、賛同の声が多数書き込まれている。

「早実からのプロ野球選手といえば“ハンカチ王子”こと斎藤佑樹投手が有名ですが、彼は早稲田大学を経てからのプロ入り。その間に、高校時代のライバルだった田中将大投手はプロで着実に力をつけ、斎藤がルーキーで6勝(6敗)をあげた11年には、田中は19勝(5敗)で最多勝、最優秀防御率、最優秀投手、最多完封の4冠を獲得。沢村栄治賞にも輝くなど、名実ともに球界を代表するピッチャーになっていました。その後、田中はメジャーに。4年連続の2ケタ勝利を確定させていますが、一方の斎藤はその後、ルーキーイヤーの成績を超えることができず、13年と16年は未勝利に終わっています。ケガに苦しんだこともありますが、結果を残せていないのは事実。ネット上にも『ハンカチにならなくてよかった』『日ハムに行った先輩の失敗例を見ているからね』『ハンカチにならないためには伸びしろの大きいうちにプロに入るべき』といった言葉が書き込まれています」(芸能ライター)

 厳しいプロの世界でしごかれて、ぜひとも日本を代表するホームランバッターに育っていただきたい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
4
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」
5
大臣になった扇千景が怒りに震えた人間国宝の夫「御開帳ハレンチ写真」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史