スポーツ

「ハンカチにならなくてよかった」!?清宮幸太郎「プロ志望表明」に賛同の嵐

 9月22日、ドラフト候補の目玉である早実の清宮幸太郎内野手が同校で会見を開き、卒業後のプロ入り志望を表明した。清宮は「自分を厳しく指導して成長させてくれる球団」を希望するとして、「(早実の)先輩である王さんの数字は、自分の目標となる数字なのかな」「目指さなきゃいけない使命感」と大きな目標を掲げた。

 この報道に、ネット上では「プロ行きの判断は正解だと思う」「即プロで鍛えたほうが間違いなく伸びる」「ドラフトが楽しみ!」など、賛同の声が多数書き込まれている。

「早実からのプロ野球選手といえば“ハンカチ王子”こと斎藤佑樹投手が有名ですが、彼は早稲田大学を経てからのプロ入り。その間に、高校時代のライバルだった田中将大投手はプロで着実に力をつけ、斎藤がルーキーで6勝(6敗)をあげた11年には、田中は19勝(5敗)で最多勝、最優秀防御率、最優秀投手、最多完封の4冠を獲得。沢村栄治賞にも輝くなど、名実ともに球界を代表するピッチャーになっていました。その後、田中はメジャーに。4年連続の2ケタ勝利を確定させていますが、一方の斎藤はその後、ルーキーイヤーの成績を超えることができず、13年と16年は未勝利に終わっています。ケガに苦しんだこともありますが、結果を残せていないのは事実。ネット上にも『ハンカチにならなくてよかった』『日ハムに行った先輩の失敗例を見ているからね』『ハンカチにならないためには伸びしろの大きいうちにプロに入るべき』といった言葉が書き込まれています」(芸能ライター)

 厳しいプロの世界でしごかれて、ぜひとも日本を代表するホームランバッターに育っていただきたい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
ともさかりえ、アラフォーバスト「前屈み渓谷」「圧迫こぼれ」躍動写真に騒然
3
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
4
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ
5
小芝風花、「舌入れ疑惑キス&バストタッチ」過激化するラブ描写にネット騒然!