スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「プレストウィックが勝つ!」

 秋のGI戦は小休止。今週のメインとなるのは、アルゼンチン共和国杯だ。ダービーの日に行われる伝統の目黒記念と同じ条件。距離2500メートルで争われるGIIのハンデ戦である。

 毎度、多彩な顔ぶれで見応えのある激しい競馬が繰り広げられるが、今年も役者ぞろい。馬券的にも興味が尽きない一戦だ。

 昨年の2着馬アルバートが主役となるが、デニムアンドルビー、カレンミロティックといったGIの常連だけではなく、菊花賞に向かわなかったダービー2着馬スワーヴリチャード、3戦無敗のセダブリランテスの3歳勢の参戦もあり、レースはいやが上にも盛り上がるというものだ。

 馬券的にはハンデ戦だけに簡単ではないが、イメージと違って、そう大きく荒れることはない。中穴傾向の重賞と言っていいか。

 02年から馬単が導入されたが、その馬単で万馬券が出たのは5回(馬連2回)。1番人気馬は3勝(2着3回)、2番人気馬は5勝(2着3回)。有力どころのいずれかを主力に置き、人気薄を含め、複数頭に流すと的中しやすいか。

 振り返ってみると4歳馬がよく連対していることがわかる。今回はその4歳馬の出走は少ないが、これに続くのは充実期にある5歳、6歳馬。過去15年では7歳馬、牝馬の連対がなく、カレンミロティック、デニムアンドルビーは苦戦を強いられるかもしれない。反対に、若くて登り坂にある3歳馬は要注意だ。古馬が相手ということでハンデを背負わされないだけにチャンスは大いにあっていい。

 また、ハンデ戦だけに、軽斤量馬のチャンスが多そうに思われるが、この15年間で56キロ以上が11勝(2着9回)しており、実績馬が優位にあることには変わりない。

 では、以上のことを念頭に入れて、勝ち馬をあぶり出してみよう。

 浮かび上がるのは充実期にあるプレストウィック。この馬をイチオシしたい。

 決め手に甘く勝ちみに遅い馬というイメージだが、前走の丹頂Sは強い内容だった。わずかアタマ差の勝利だったが、アングライフェンとビッシリ競り合い、ゴール前、力でねじ伏せたもの。長距離戦向きであることを遺憾なく発揮した一戦でもあった。

 そのあとは短期放牧でリフレッシュ。ここを目標にしっかり乗り込まれてきており、中間の稽古の動きはこれまで以上に素軽くなっている。

「休み休み大事に使ってきたので、6歳馬だが肉体的に若い。これからまだよくなりますよ」

 こう状態のよさを強調するのは武藤調教師。十分、納得である。

 ダイワメジャー産駒だが、長丁場向きでオクテなのは、母系の影響がそれだけ強いからなのだろう。母父リナミックス(GI仏2000ギニー)はマイラーだったが、祖母はリヴァーマン×ヘイルトゥリーズンとタフな種牡馬の配合でこのへんからもスタミナ豊かであることがわかる。

 ハンデは恐らく、前走から1キロ増の55キロ。道悪になっても問題なく、中心視したい。

 穴はネイチャーレットだ。まだ1600万条件馬だが、スランプを脱して上昇急。曾祖母は桜花賞馬シャダイカグラ。このレースに強い4歳馬でもあり、軽ハンデ(52~53キロ)を生かしての“一発”があっていい。

 関西のみやこSは、エピカリスの出走が注目されるが、狙っておもしろいのは、トップディーヴォだ。前走のシリウスS(4着)は、一息足りなかったが、体調もイマイチだった。しかし、この中間は落ち着き払って好気配。他の有力どころは逃げ、先行脚質が多く、その後ろで競馬ができるこの馬には展開も向きそう。得意の京都〈4 3 1 4〉なら、巻き返しがあっていい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石原さとみ、「前かがみバスト見せ動画」が“1日で100万再生”の大反響!
2
唐橋ユミ、「大きくない」発言を覆すクッキリ衣装で“Dバスト”の根拠映像
3
ついに薄幸が加入!テレ東温泉旅番組に期待高まる「G・G・Hバスト揃い踏み」
4
明石家さんまがグチりまくり!「五輪開会式」出演芸能人から遠ざけられる“ワケ”
5
フジ井上清華、”Dバスト突き出しサービス”に視聴者が歓喜した!名誉挽回の光明