芸能

新垣結衣「テレビには映らない」“下ネタOK”素顔(1)主演映画「ミックス。」のPRで…

 今や日本を代表する女優と言っても過言ではない。アラサーにして、揺るぎない清潔感にオジサマ族も目を細めるばかりの「ガッキー」である。しかし、それは表面上の話。その素顔は、下ネタもいとわない気さくな一面ものぞかせている。

 ここ2週間ほど、バラエティ番組に登場している新垣結衣(29)。それもそのはず、主演映画「ミックス。」(東宝)が10月21日に公開され、そのPRに奔走する日々が続いているのだ。

「“元・天才卓球少女のOL”を熱演していて色気を強調するようなことはありませんが、卓球のスイングをするたびに、彼女の膨らみが微妙に揺れるのです。この“ちっぱい”ぶりに癒やされる人も多いようです」(芸能評論家)

 中でもガッキーファンが耳を疑ったというのが、「下ネタOK」発言だ。

 それは10月23日放送の「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系)で飛び出した。

 マツコ・デラックスと村上信五が司会を務める同番組。ふだんの収録では「ひどい下ネタ」が飛び交っているものの、新垣を前にしては「言葉を選んでしまう」と話す両者に対し、ガッキーは女神を思わせる柔和な表情で、

「(下ネタを)言ってください。けっこう平気なほう」

 と発言。これをキッカケにネット上では、「ガッキー 下ネタ」が人気の検索ワードにランクインする騒動となったほどだった。

 はたして彼女はどの程度、下ネタが平気なのか。バラエティでもまったく下ネタを口にしないが、「テレビに映らない素顔」は意外と耐性があるというのだ。

「女優の中でもかなりイケる口だと思いますね」

 と語るのはテレビドラマに携わるシナリオライターである。続けてもらおう。

「ヒロインを務めた『リーガルハイ2』(フジテレビ系)でも、ガッキーが『おちんちん』『ペニス』『男性器』を“ピー音”入りで連呼するシーンがありました。役柄だけに、ガッキー本人は躊躇することなくセリフと割り切っていた。彼女自身、本音ではカマトトぶっていると思われるのをよしとしないタイプなんです」

 しかし、ガッキーといえば、清純派女優の代表として、これまで濡れ場はなく、肌の露出も必要最小限。そうした「高嶺の花」扱いに対して、脱皮を模索しているというのだ。

「ガッキーは“下ネタ女王”と呼ばれる吉高由里子さんのように自分から率先して下ネタを言うタイプではありませんが、他人から『下ネタがダメ』と決めつけられることを嫌がるようなフシがある。彼女は『逃げ恥』で共演して、一時は熱愛説まで流れた星野源さんのラジオの熱心なリスナーなんです。星野さんのラジオといえばアダルトビデオの好きなシーンについて熱弁するなど下ネタのオンパレード。ひっそりとガッキーが聞いていると思うと、星野さんの下ネタも感慨深いものがあります」(前出・シナリオライター)

 口にこそ出さないものの下ネタには実に寛容。「来るものは拒まず」というスタンスで日々、周囲のスタッフや共演者の下ネタにも興味津々に耳を傾けているという。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
2
2026年WBC「ピッチクロック採用」に猛反対する日本球界の交換条件は「大谷翔平DHルール」
3
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!
4
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
5
今江敏晃監督の「超冷酷采配と大バクチ」で一気に浮上した楽天に「ひとりカヤの外」の男