女子アナ

日テレ笹崎里菜、“お荷物扱い”から評価が急上昇した理由が「ド直球」!

 日本テレビの笹崎里菜アナといえば、4年前の2014年の内定取り消し騒動の印象が、いまだぬぐい切れない。

「2015年度のアナウンサーとして入社が内定していた、当時東洋英和女学院大学4年だった笹崎アナが、母親の知人が経営する銀座のクラブにホステスとしてアルバイトしていたことが発覚。それを理由に内定を取り消されたんです」(週刊誌記者)

 笹崎アナはこれを不服として同年11月に東京地方裁判所に提訴。当初、日テレは全面的に争う構えを見せたが、世論の動きを敏感に察知して態度を軟化させ、双方が和解し、笹崎アナは入社できたのだった。

「そんなある意味“鳴り物入り”な形で入社した笹崎アナでしたが、なかなか活躍の場が与えられず、『日テレ側がわざと冷遇しているのでは?』と長らく囁かれてきました。もちろん相応のアナウンス技術もなかったので、仕方ないのですが、“いい時だけの日テレ”と業界内で陰で言われていることも事実。いわば、お荷物扱いされていた彼女もこのまま閑職に追いやられて辞めさせるんだろうというのが大方の見方でした」(業界関係者)

 そんな中、笹崎アナは、昨年5月28日放送の「シューイチ」生放送内で、名前の上につけられる肩書きに〈今日がラスト〉という謎のテロップがハメられ、騒動に。翌週のオンエアで司会の中山秀征が「怪奇現象」として片付けていたが、一部スタッフによるイジメではないかとさえ噂されたものだ。ところが、である。

「ここのところ笹崎アナの評判がかなりいいんです。その理由はズバリ、ナレーション。平日朝の帯情報番組『PON!』(関東ローカル、一部ネット)のエンタメコーナーでナレーターを務めていますが、これがすこぶる聞きやすい。直接顔の出ない、ナレーションに活路を見出したのは賢いやり方です」(前出・業界関係者)

 問題のあった「シューイチ」も続投中で、また早朝の情報番組「Oha!4 NEWS LIVE」では水曜・木曜を担当。さらには今年の箱根駅伝でも、メインの実況アナに、選手の資料などを隣で渡すサブアナを務めている。

「彼女は、天下の日テレを相手に訴えるくらいですから、とにかく気が強い。最初はその気の強さがややカラ回りしていましたが、最近はアナウンサー本来の力をつけてきたことによって心に余裕が生まれ、評価を高めているんでしょう。変に過去の騒動をネタにしたりせず直球で勝負しているところも好感がもてます」(前出・業界関係者)

 前代未聞の騒動を経た入社からほぼ3年。これからの笹崎アナが楽しみになってきた。

(魚住新司)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
3
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
4
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性