朝日新聞

芸能

伊集院光、甲子園「偉い人の挨拶不要」発言で毎日が朝日にケンカを売った!?

酷暑が続く中、高校野球ファンの伊集院光が吼えた!8月6日放送のラジオ番組「伊集院光とらじおと」(TBSラジオ)にて伊集院が、現在開催中の「夏の甲子園」について苦言を呈したのだ。5日の開会式を現地観戦した伊集院は「開会式が暑くて長い」と報告。…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
芸能

稲垣吾郎が朝日広告賞贈呈式に出席で「新しい地図」のテレビ登場が近づいた!?

稲垣吾郎がサプライズで登壇!7月12日に開催された第66回朝日広告賞の贈呈式にて、「広告主参加の部」の最高賞を受賞した芸能事務所CULENを代表し、稲垣が朝日新聞社の社長から賞状とトロフィーを受け取った。その稲垣は受賞の喜びを1分半ほどのス…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
芸能

松嶋尚美だけではない?大手新聞社も日大と日体大を取り違えていた!

数多くの五輪選手を輩出する日本体育大学が、またもや危険タックル問題の日本大学と取り違えられてしまった。6月13日放送の「バイキング」(フジテレビ系)にてタレントの松嶋尚美が、日体大に対して「関係者のみなさん申し訳ありません!」と公開謝罪した…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
芸能

香取慎吾側についた朝日新聞、ジャニーズの「闇」に切り込み開始の“兆候”

元SMAPの香取慎吾が11月28日、朝日新聞のパラリンピックスペシャルナビゲーターに就任した。同紙にて香取は、SMAPとして30年活動した過去に触れつつ「覚悟を決めたからこそ、こうして新たな一歩を踏み出すことができた」と語り、ジャニーズ事務…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
社会

朝日新聞1面にライバル紙「目玉マーク」広告のギョーテン!

朝刊の1面といえば新聞の顔である。だが、そこにライバル紙のシンボルが載るという珍事が発生。その騒動の内幕に迫った。いつものように「朝日新聞」を手に取った記者は違和感を覚えた。──今、読んでいるのは「産経新聞」じゃないよな?違和感の理由は1面…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
芸能

SMAP解散情報をロクに調べず流出させた朝日新聞に非難ゴウゴウ!

1月13日発売の日刊スポーツがスクープしたSMAPの解散。NHKも報じるなど国民的な話題になっているが、このスクープについて無責任にツイートした朝日新聞社会部に非難が集まっている。同社会部では解散スクープ掲載号の発売前夜に、“「SMAP解散…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , |
社会

森健「新聞をななめに読むとわかること」 ー朝日が生んだ慰安婦問題は新局面を迎えたー

1月9日、元朝日新聞記者の植村隆氏が、週刊文春と東京基督教大学の西岡力教授を名誉毀損で訴えた。その記者会見は、何とも苦さが残るものだった。植村氏は長く朝日の従軍慰安婦問題の一翼を担ってきた人物だ。1991年に2度朝鮮人従軍慰安婦の記事を執筆…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

橋下徹 人気凋落「維新の会」頼みの綱は“朝日新聞”批判

大阪都構想が再燃している。一度は袂を分かった堺市長選挙で反対派の市長が当選し、トーンダウンするかと思いきや、人気凋落の「維新の会」(以下、維新)の橋下徹市長は強権発動。大阪府議会は大荒れの様相だ。かつて大阪では絶対的な知名度と人気を誇った維…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , |
社会

「天皇と朝日新聞」因縁確執51年の全内幕とは?(3)51年前の事件から反皇室へ

新年の最初の日、朝日新聞は「『雅子さま 懐妊の兆候』の記事について」という記事を、東京本社編集局長署名で掲載する。皇太子ご夫妻を「公人中の公人」としながら、こう論じたのだ。〈今回は慶事の兆しであることを考え、表現を抑制して報道することを決断…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , |
社会

「天皇と朝日新聞」因縁確執51年の全内幕とは?(2)懐妊スクープを自画自賛

91年に発表された高木侍医長の手記「昭和天皇最後の百十一日」。名指しこそ避けながら侍医長は、朝日の「ガン」報道について次のように述べている。〈重体であるとか、危篤であるとかいうのは、あまりに軽率といいますか、事実と違っていました。(略)言っ…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , |
社会

「天皇と朝日新聞」因縁確執51年の全内幕とは?(1)最後の呼吸をしていると報道

大きな話題を呼んでいる「昭和天皇実録」。ガンが死に至る病であった時代、最後まで本人に「告知」をしなかった周囲の姿も記録されているが、あらためてわかったのは朝日新聞による病名報道の重さだ。それは雅子妃殿下への「懐妊の兆候報道」へと続く。背後に…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , |
社会

朝日新聞だけ?全国紙「伝説の大誤報」を総括大研究!(2)誤報は付き物でもしっかり検証を

また、産経は昨年10月、電子版号外で「村上春樹氏のノーベル賞受賞」を配信。もちろん、ノーベル賞候補ではあるが、村上氏はいまだ受賞していない。他にも93年11月に、産経は大昭和製紙副会長を直撃し、コメントを掲載した。ところが、後日まったくの別…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

朝日新聞だけ?全国紙「伝説の大誤報」を総括大研究!(1)見渡せば誤報の数々

朝日新聞社社長の謝罪会見の翌日、全国紙の1面トップは、この話題で埋め尽くされた。「朝日『東電撤退』記事を謝罪」(読売新聞)、「朝日社長、誤報認め謝罪」(毎日新聞)、「『命令違反で撤退』取り消し」(産経新聞)‥‥。本当に鬼の首を獲ったかのよう…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

朝日VS読売「新聞界の覇王争奪」潰し合いの舞台裏!(2)焦った朝日が読売をマネた

プラチナチケットは、取材でも大活躍したという。川村氏は東京ドームの前身、後楽園球場があった時代をこう振り返る。「事件では読売のほうが優勢なんです。朝日は変に左のポーズを取るので、警察に嫌われます。朝日の記者は、『読売は刑事のところに後楽園球…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
123