高倉健

芸能

アサ芸有名人が語る「高倉健と菅原文太」のココに惚れ込んだ!(1)

「オレは高倉健派」「いや、菅原文太派だ」──。2大名優の立て続けの訃報にファンたちはそれぞれの思いを胸にしていることだろう。そこで、2人と接点もあり、アサヒ芸能ともなじみの深い「アサ芸有名人」たちに2人の魅力を徹底比較してもらった。作家の安…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , |
芸能

高倉健と菅原文太 極道現役幹部が“男の器量”度を徹底比較!(2)文太の演技に感じたのは“執念”

続いては、西日本のさる組織の幹部・B氏に登場いただこう。高倉健と菅原文太どちらの器量が上か、ストレートに聞いてみると、「当然、健さんや。ランクが違うで」とB氏も「健さん派」。「宮沢賢治の言葉に『自分のことを勘定に入れない』というのがある。健…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , |
芸能

高倉健と菅原文太 極道現役幹部が“男の器量”度を徹底比較!(1)健さんは精神的に“男”

極道映画で一世を風靡した2大俳優の急逝の衝撃がいまだ収まらない。高倉健が「耐え忍ぶ美徳」を演じれば、菅原文太は銀幕の中で飢えた狼のように暴れまくった。双方たまらなく魅力的だったが、どこか役柄を彷彿させる私生活の言動も含め、「男の器量」はどち…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , |
芸能

追悼・菅原文太 先輩だった高倉健との「本当の仲」(3)ケガをした健さんへの気遣い

文太と健さんとの本格的な共演は、実質的には「山口組三代目」(昭和48年8月、山下耕作監督)、「大脱獄」(昭和50年4月、石井輝男監督)、「神戸国際ギャング」(昭和50年10月、田中登監督)の3本。いずれも「仁義なき戦い」以降の作品で、文太が…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , |
芸能

追悼・菅原文太 先輩だった高倉健との「本当の仲」(2)2作目の主演作で健さんがゲスト出演

続いて文太の東映出演2作目となったのが、若山富三郎主演の新シリーズ第1弾「極道」(昭和43年3月、山下耕作監督)である。文太は若山の子分役を演じ、チョイ役から脇役にステップアップした。セリフがひと言もなく、ナイフ投げの名手という無気味な役ど…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , |
芸能

追悼・菅原文太 先輩だった高倉健との「本当の仲」(1)くすぶっていた時代に健さんと出会った

文太のわずか18日前にこの世を去った高倉健(享年83)は任侠映画全盛時代、常に文太の「前を走っていた」スターだった。しかし演じたのは同じ極道でも、健さんがもっぱら任侠精神の権化のような「美しき」役柄だったのに対し、文字通り「仁義なき」極道役…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , |
芸能

緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(6)結婚祝いに贈った200本のバラ

中野良子は「野性の証明」においても、高倉との“秘めた愛情”を演じている。役柄は姉(二役)を殺戮事件で失い、さらに地方都市の不正を暴くために奔走する新聞記者の役。「健さんが演じた味沢という男に惹かれてはいるけど、今は2人で過ごす幸せよりも、不…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , |
芸能

緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(5)“夏八木抜き”の演出を進言

〈男はタフでなければ生きていけない、優しくなければ生きていく資格がない〉レイモンド・チャンドラーの小説に出てくるセリフを引用し、膨大な量のCMスポットに使い、その映画は20億円以上もの配給収入を上げた。主演は高倉健、その養女役で薬師丸ひろ子…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , |
芸能

緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(4)走る馬の上で知った一体感

高倉健を追うように、菅原文太もその生涯を終えた。ほぼ同世代で俳優としてのキャリアも等しく、東映の看板を支えた2人。もし違いがあるとすれば、それは〈男と女〉の演じ方だろう。私生活をどこまで反映したかはわからないが、健さんは女優に対し、なんぴと…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , |
芸能

みのもんた「さようなら、健さん」

昔、年末年始は必ず超大作映画が話題になったものだけど、最近はパッとしないよね。私らの世代は、まさに邦画全盛期を知っている。当時の俳優を「銀幕のスター」と呼んだもんさ。正月映画といえば、松竹の「寅さん」、東映の「健さん」だった。カッコよかった…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , |
芸能

高倉健の死をどの芸能人よりも悼んでいた草なぎ剛と香取慎吾

1960年代に任侠映画で支持を集め、「幸福の黄色いハンカチ」「鉄道員」などの主演で知られる俳優の高倉健が11月10日、悪性リンパ腫のため東京都内の病院で死去した。享年83。実は、この高倉の死をどの芸能人よりも悼んでいるのがSMAPの香取慎吾…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , |
芸能

高倉健と菅原文太、東映時代から囁かれた「不仲説」の真相は!?

高倉健に続いて、11月28日、「仁義なき戦い」シリーズなどで知られる菅原文太もこの世を去った。東映を代表する二大スターの相次ぐ死に、多くのファンが肩を落した。そんな中、かねてより業界で噂されてきたのが、生前の高倉と菅原の不仲説である。「東映…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , |
芸能

緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(3)自宅全焼時に健さんは…

曽根の目にも、八名の目にも、高倉は東映の仲間たちには胸襟を開いているように見えた。例えば東映の看板女優でもあった美空ひばりの誕生会となると、高倉は八名たち若手にハッパをかける。「わしが盛り上げないとじゃあ。さあ、裸になって踊るぞ!」決して器…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , |
芸能

緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(2)“もうちょっとギラギラしろ”と助言

曽根は自身を、高倉の「直系の後輩」と呼ぶ。京都に比べれば「添え物(併映扱い)」と呼ばれる映画が多かった東京の撮影所で、高倉は希望の星だった。そして曽根は、2度も高倉に顔を立ててもらったと感謝する。「東映祭りと称した旅があって、健さんや鶴田浩…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , |