高倉健

芸能

松岡茉優も顔面蒼白!あの芸人が「27時間テレビ」で高倉健を下ネタに使い批判殺到

7月23日~24日にかけてバラエティ番組「FNS27時間テレビ」(フジテレビ系)が放送された。今年で30回目となる「27時間テレビ」だが、放送後、視聴者からの評判は良くなかったという。「『27時間テレビ』といえば毎年、一定の知名度を持った芸…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
芸能

高倉健、北島三郎、ピンク・レディー…あのスターにもあった「放送禁止歌」

不適切な表現、人権侵害、反社会的などさまざまな理由で、“放送に適さない”と判断された「放送禁止歌」。大人気俳優だった高倉健にも封印された作品がある。「映画『網走番外地』の主題歌は、極道を礼賛してはならないという理由で要注意歌謡曲とされました…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
芸能

山口組の分裂騒動のさなか、高倉健主演の「封印作品」が突如発売された!

突然の分裂騒動が社会的ニュースとなっている山口組。そんな中、突如東映ビデオが、来年1月「山口組三代目 田岡一雄自伝」(徳間文庫カレッジ刊)を原作にした「山口組三代目」(73年)「三代目襲名」(74年)、関連作となる「山口組外伝 九州進攻作戦…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , |
芸能

緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(24)「生き方が画面に出る」と自分を律し続けた

任侠映画の時代から活躍する監督・中島貞夫は、マキノ雅弘に師事したこともあり、高倉とのつきあいは古い。初めて監督として撮ったのは、村田英雄主演の「男の勝負」(66年、東映)だった。「マキノが倒れちゃったから、僕が代わりに撮ることになって。当時…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , |
芸能

緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(23)ハリウッドへの憧れ

「これが本物のハリウッドか‥‥」優作が少年のように感激の声を上げた。いや、それは高倉も同じであった。撮影の合間に優作と高倉が監督のリドリー・スコットに誘われ、訪れたスタジオでのことだった。そこでは名作「アラビアのロレンス」(62年、コロムビ…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , |
芸能

緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(22)松田優作との共演秘話

少年はいつも、海の向こうに憧れていた。福岡の炭鉱町に生まれた少年は、いつの日か、密航してでも外国へ行ってみたいと願った‥‥。そんな幼き日の夢は、高倉健という一流の俳優になって実現する。世界の映画人が頂点と声をそろえる「ハリウッド」において、…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , |
芸能

緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(21)公開後に事態は「意外な方向へ」

〈乗客1500人の生命をのせて、かつてない恐怖と緊迫危険がノン・ストップで疾走する──〉関根忠郎が映画の新聞広告用に書いた惹句(宣伝コピー)である。期待感が高まったストーリーは以下である。──新幹線ひかり109号に仕掛けられた爆弾は、時速8…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , |
芸能

緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(20)撮影協力を強く拒んだ国鉄

「新幹線大爆破? そんな映画には協力できない」それが国鉄(現JR)の回答だった。日本の先進技術の結晶である新幹線が、そんなタイトルの映画のためにイメージダウンさせられてはかなわない。まして、模倣犯が出現しようものなら──というのが国鉄側の見…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , |
芸能

緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(19)日本のパニック映画を作れ

高倉健の60年近い俳優人生には、いくつもの節目があった。初めて顔にドーランを塗って涙した日、扉が閉まらないほどの観客が喝采を送った日、日本最高の主演男優賞や動員記録を打ち立てた日、ハリウッドに進出した日‥‥。そんな表層的な出来事の一方で、ひ…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , |
芸能

緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(18)菅原文太との共演作の意外な評価

高倉の東映時代の最終作品であり、文太とも最後の共演になったのが「神戸国際ギャング」(75年)である。俊藤浩滋プロデューサーの幼なじみだった“ボンノ”こと元三代目山口組若頭補佐・菅谷政雄をモデルにしたものである。脚本を手掛けたのは松本功である…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , |
芸能

緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(17)あえて“言わない”を貫く

「考え直してください!」急を聞きつけ、東映の重役が北海道まで飛んできた。安藤が旭川から札幌に向かうのに時間がかかったため、東京からの便が先に着いたのだ。それでも安藤の答えは変わらない。「男がいったんケツをまくったんだ。はい、そうですかとはい…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , |
芸能

緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(16)元・組長が語る“高倉健”という人物

戦後の暴力史に名を刻んだ元安藤組・安藤昇組長は、組を解散後に俳優の道を選ぶ。重厚な斬れ味と端正な顔立ちは映画界にとっても貴重な存在であり、やがて「不良性感度」を重視する東映へ迎えられる。東映に移籍した年、時代は「任侠映画」「高倉健」を中心に…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , |
芸能

緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(15)突拍子もない噂が立ったことも…

「パリの病院で目撃談がありますが?」「同性愛についてはどう考えますか?」およそ映画の製作発表と思えない辛らつな質問が飛び交った。その1カ月ほど前、突如として高倉に「パリでエイズ死」の噂が飛び交っていたのだ。岡田によれば、根も葉もない噂を打ち…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , |
芸能

緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(14)東映スターからの転換期

出世作となった「昭和残侠伝」は、実は思いがけぬ内紛も勃発させた。高倉主演のシリーズ作としては、その前年に東映京都が製作した「日本侠客伝」(64年)がある。東映京都のメイン脚本家・笠原和夫は、自分が書いたものの盗作ではないかと東京撮影所の吉田…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , |