社会

社会

「朝起きると体が凝っている原因」の“頭の凝り”は簡単に治せる!

睡眠時間はたっぷり取っているのに眠りが浅い。朝起きると、何だか身体が凝っている。この原因は“頭の凝り”からきていることが多いという。現代の生活では仕事でも家庭でもパソコンやスマホに接する時間が多くを占めている。それに重なってストレスも多い生…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |
社会

「寝れば社員がポイントがもらえる会社」登場で再認識したい6時間睡眠の効果!

こんなユニークな制度を取り入れたのは東京都墨田区に本社を置く株式会社CRAZY。“世界で最も人生を祝う企業”というビジョンを掲げてオーダーメードのウエディング事業を展開している。社員数は1400人を超え、年間15億円ほどの売り上げがある会社…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

明智光秀の信長討伐は「氏族再興を阻む外交への不満」が原因(2)光秀の「前半生」は苦難の連続だった

そんな両者の関係が急転直下し、謀反につながっていった理由は、信長の外交政策にあったという。唐入り、すなわち中国(当時は明)への進出である。変の3年前、1579年に、イエズス会アジア地区責任者の巡察師・ヴァリニャーニが来日し、少なくとも4回、…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |
社会

明智光秀の信長討伐は「氏族再興を阻む外交への不満」が原因(1)怨嗟が謀反の原因ではない?

2020年のNHK大河ドラマの主人公に決まった明智光秀。主君の織田信長を本能寺の変で討った謀反人というイメージが強い光秀を主役に据えた意外性が、歴史ファンの間で話題となっている。そんな中、光秀の子孫が、これまで不明とされてきた前半生を解明す…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |
社会

やっぱりそうか!「野菜や果物」食で“健康寿命が延びるって

野菜や果物が体に良いことはよく言われている。しかし野菜や果物を食べることで、いくつになっても「健康寿命」を延ばせることが新たにわかったというのだ。ミネソタ・メディカル・スクール大学のPaulD.Robbins氏、LauraJ.Niedern…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |
社会

意外にも盛況!豊洲市場で知っておきたい「ウラ知識」を大公開!

10月11日、ついに豊洲市場が、当初予定よりも2年遅れで正式に開場した。安全性や渋滞も懸念されたがフタを開けてみれば、休日のみならず、平日も連日の大盛況だという。そこで隠れた穴場から意外な歴史まで知っておけば100倍楽しめるウラ知識を10月…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , |
社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「ノーベル賞受賞で注目の第四のがん治療。免疫療法は全てのがんに効果あるか」

ノーベル賞を受賞した本庶佑先生の免疫療法研究は、がん治療に新たな道筋を作りました。がん治療は「手術」「放射線治療」「抗がん剤(薬物療法)」が三大治療法とされています。手術は体にメスを入れてがんの病巣を取り除きます。放射線治療は、放射線を当て…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |
社会

食べるだけ「腸活健康法」で無敵のカラダになるっ!(2)善玉菌を増やす最強コンビが

中でも基本レシピで「最強の腸活食」として定評があるのが「酢キャベツ」である。先の藤田氏の調査によれば、1日に1回だけ酢キャベツを100グラム食べてもらったところ、腸内のヤセ菌の数が増加。2週間で被験者全員にダイエット効果も出たという。これま…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |
社会

食べるだけ「腸活健康法」で無敵のカラダになるっ!(1)10キロ痩せてリバウンドなし

腸活ブームは女性だけのものじゃない。最新ダイエット法として「デブ菌」「ヤセ菌」が注目を浴びる中、世の男性にとっても腸活は福音をもたらすという。簡単レシピを実践すれば、糖尿病治療やガン予防の効果も実感できること請け合いなのだ。「腸活」がブーム…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |
社会

知られざるニッポン秘薬・伝統薬めぐり(4)後醍醐天皇ゆかりの胃腸薬

奈良県御所市に、創製は14世紀前半の元応年間(1319~1320)と言われる日本最古の胃腸薬がある。その名も三光丸。創製当初は「紫微垣丸(しびえんがん)」という名前だったのだが、建武3年(1336)に後醍醐天皇より「三光丸」の勅号を賜ったと…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

知られざるニッポン秘薬・伝統薬めぐり(3)刀傷も白内障も治す特効薬

富山の立山連峰にはツキノワグマが数多く生息している。この熊の胆のうを乾燥させた、通称「クマノイ」は古くから妙薬ともてはやされた。日本の伝統薬に詳しく「妙薬探訪」(徳間文庫)の著書もある医療ジャーナリストの笹川伸雄氏がこう説明する。「古来から…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

知られざるニッポン秘薬・伝統薬めぐり(2)都内にはアンテナショップも

同じ上野には大正8年(1919)創業の建林松鶴堂がある。創業者・建林宰亮(さいすけ)は西洋医学・薬学を学んだのちに東洋医学を究める。そして「新漢方」と銘打ち、独自の処方で多くの薬を創出。鼻炎薬「鼻療」、脂肪過多症に効く「扁鵲(へんせき)」を…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

知られざるニッポン秘薬・伝統薬めぐり(1)コレラから日本を救った

日本最古の胃腸薬をご存じか。それこそは、14世紀初頭に創製された「三光丸」。「効く」と評判を集め、気がつけば700年──今も地域の人々に愛されている。日本全国を見渡せば、生薬を原料とした「秘薬」「伝統薬」がまだまだあった。外国人観光客も買い…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「視力の衰えが認知症など老化を加速。暗所やタブレットでの読書は要注意」

秋は読書の季節とも言われます。夜中の平均気温は20度ほどで、集中して読書ができる時期です。では、ここで問題です。「暗いところで本を読むと目に悪い」と言われますが、これは本当でしょうか、単なる俗信でしょうか。数年前まで、この説を俗信とする人も…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |