スポーツ

川田将雅を下剋上覚醒させた「8つの導火線」(3)言い訳めいたセリフが消えた

 外国人騎手の牙城を駆逐した川田の覚醒理由に、人間性の進化を挙げる厩舎関係者も多い。みずからも言うようにもともと短気で、思ったことをズバズバと口にする性格。それゆえ、競馬関係者から敬遠されもした。

「目上にこびない性格で、ベテランのトラックマンに『お前は』などと言っていたからね。調教師にも『走れる状態じゃないのに、なんで使ってきたんだ』と不満をあからさまにぶつけたり。そりゃ、嫌がられもするよ。でも今はそんな光景は見られず、人当たりがよくなった。結果、調教師の間で評判が上がり、必然的にいい馬が回ってきているんじゃないか」(厩舎関係者)

 人当たりがよくなった原因は、昨夏のイギリス修行と言われる。年齢を問わず、全員で熱心かつ丁寧に馬づくりをしている現場を見て、心を打たれたという。以降、我の強さを抑え、協調性に富むようになった。

 この修行を強く勧めた人物が、若い頃にイギリスで競馬の勉強をした中内田充正調教師だった。中内田師は開業6年目の若手だが、昨今、急激に成績を伸ばし、次代を担う存在と言われる。その中内田厩舎の主戦が川田であり、このコンビで抜群の成績を挙げているのだ 。25勝でリーディング・トレーナーの2位(4月28日現在)だが、そのうち15勝が川田によるもの。騎乗数が31だから、勝率はなんと5割という「黄金コンビ」なのである。

 一方、騎乗面ではみずからレースを操るようになった。トラックマンが分析する。

「例えば昨秋のキセキのレースぶりなどで明らかです。天皇賞・秋(3着)もジャパンカップ(2着)も馬のリズムを重視したうえで前々で競馬し、自分でペースを作る。きっかけは昨春、1番人気馬ファインニードルで高松宮記念を制したことにあるでしょう。世界の競馬を席捲するゴドルフィンにとって、これが日本の競馬での初GI勝利だった」

 大きなプレッシャーの中、勝利を手にしたのだ。トラックマンが続けて言う。

「川田は以前から、ロイヤルブルーの勝負服を着てレースに臨むことに喜びと誇りを感じていましたが、GIをその人気馬で勝ったことで、大きな自信につながった。そのせいか、レースコメントも明らかに違ってきています。言葉が的確なうえ、言い訳めいたことは全く言わなくなった」

 そうした成長ぶりは、後輩騎手との関係にも影響を及ぼした。コワモテなところが敬遠され、近づく者はほとんどいなかったというが、

面倒見のよさが目立つようになったね。今では藤田菜七子(21)も川田を慕っており、機会があれば指南を受けに行っている」(厩舎関係者)

 33歳という年齢からも、伸びしろは大きい。下剋上成って、令和時代を牽引するエースとなることだろう。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった