スポーツ

レイデオロ産駒「黄色信号」で登場する2億4200万円の良血「ラケダイモーン」の期待値

 新種牡馬のエースと言われるレイデオロに「黄色信号」が灯った。とにかく産駒が結果を出せないのだ。これまで8頭出走して1頭しか馬券に絡んでいない。しかも、すべて勝ち馬から1秒以上遅れてゴールしており、関係者は真っ青になっている。

「7月10日・11日には日本最大のサラブレッドセリ市『セレクトセール2023』があり、レイデオロ産駒は目玉として19頭上場される予定です。そのため、高値で買ってもらうためにも産駒には良い結果を出して欲しかったはず。それが21年のセレクトで1億9800万円の値段がついたショウナンハウルの3着が唯一馬券に絡んだもので、ほかは全く勝負になっていない。社台にとって大誤算だったでしょう」(競馬関係者)

 レイデオロは大種牡馬・キングカメハメハが残した、現在のところ最後の牡馬芝GIウイナー。3代母が名牝にして名繁殖ウインドインハーヘアということもあって、大きな期待を背負って種牡馬入りした。種付け料が600万円に設定された初年度(2020年度)から多くの交配牝馬を集め、本年のルーキー最多の128頭の血統登録産駒を得たほどだ。

 そのため、いま登場しているのはほんの一部で、結論を下すのはまだ早いとは言える。実際、今年好調のモーリスも産駒が初勝利するまで20連敗したし、ハーツクライ産駒やキタサンブラック産駒が初勝利したのも7月に入ってからだった。

 とはいえ、実際に馬に乗った騎手からは、あまりいい声が聞かれず、

「体が硬い。ダート向きなのではないか」

「追って伸びず、切れがない」

「集中力に欠ける馬が多い」

 などとよく言われている。

 9日(日)中京5R・芝2000メートルの新馬戦には、大物の呼び声が高いラケダイモーン(牡、栗東・須貝尚介厩舎)が登場する。半兄に18年マイルチャンピオンシップを勝ったステルヴィオがいる良血馬で、22年のセレクトセールでは2億4200万円の高値がついた。馬主はあのディープインパクトの金子真人氏。最終追いは坂路で馬なり調整だったが、時間をかけて乗り込んできたので仕上がりは万全だ。

 この馬で結果を出せないようだと、セレクトの取引も盛り上がりに欠けるものになってしまうだろう。

(競馬ライター・兜志郎)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」
5
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」