スポーツ

岡田阪神「先発ローテ入れ替え」でチーム浮上の命運を握るのは「西勇輝」

 終わり良ければ全て良し。岡田阪神の「アレンパ」のカギを握っているのは、西勇輝かもしれない。

 西が先発登板した直近の試合は、7月7日のDeNA戦。チームはサヨナラ勝ちを収めたが、西は3回3失点で降板。先発投手としての責任を果たすことができなかった。

「6月23日の日曜日の試合が雨天中止となり、岡田彰布監督が先発ローテーションを再編したんです。23日に先発予定だった才木浩人を25日の火曜日にスライドさせ、これまで金曜日に投げてきた西が日曜日に回りました」(在阪スポーツ紙記者)

 プロ野球界では「火曜日」と「日曜日」の先発投手が重要視される。火曜日から2カード6連戦が始まるので、その初戦を取るか否かで、チームの士気が大きく変わってくる。その重要どころを任されてきたのは、村上頌樹だった。しかし巡り合わせが悪かったのか、今季の村上は防御率こそ2.05ながら、3勝5敗と負けが先行している(7月9日時点、数字は以下同)。

「8勝2敗で防御率1.12と絶好調の才木に重要な火曜日を託し、勢いのないチームの雰囲気を変えようとしたのが、岡田監督の狙いです」(前出・在阪スポーツ紙記者)

 才木にとって最初の火曜日登板となった6月25日は、敗戦に終わった。といっても0-1の投手戦で、

「ローテーションを再編してうまくいかなかった時のリスクは、ものすごく大きいんです。今までうまくいっていたことまで悪くしてしまうので」(球界関係者)

 この場合の「うまくいっていたこと」は、才木の好投で勝率8割以上を誇った日曜日の試合だ。その日曜日を引き継いだ西は、6月30日のヤクルト戦で6回1失点と好投したが、チームは敗戦。2回目のサンデーマウンドは前述の通りだ。球界関係者が続ける。

「西は日曜日の勝敗に関わっていない、とも解釈できます。好投して勝利投手になれば、チームの雰囲気は好転するでしょう」

 7月7日のように早いイニングで先発投手が降板すると、リリーフ陣の負担は増える。たとえ日曜日の試合に勝利しても、リリーフ投手がドッと疲れて月曜日の移動・休養日を迎えれば、チームの雰囲気はよくならない。西が好投しない限り、後半戦の巻き返しは厳しいだろう。

(飯山満/スポーツライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
2
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」
3
【専門計測値で判明】12球団で最も本塁打が出やすい球場は「甲子園の4倍」のココだ!
4
「元祖SNS炎上妻」騒動もあったけど…広島カープ・小園海斗が4番で成功した「最大の要因」
5
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」