スポーツ

サンスポ、水戸正晴の万券を生む血統論「超良血フィエロの初重賞制覇だ」

20150611zz

 今週は東京で「安田記念」が行われる。過去3年の勝ち馬は2番、1番、1番人気だが、2、3着馬計6頭のうち、5頭が2桁人気という波乱含みのGI戦。昨年も1番、16番、10番人気の決着で3連単は37万円。はたして今年も荒れるのか。

 春のマイル王決定戦である安田記念。舞台は広くて直線の長い東京コース。小細工が利かぬ力勝負であることは明らかだが、意外にも評価、人気どおりに決まりにくい。

 馬単導入後のこれまでの12年間を振り返ってみる。1番人気馬は3勝(2着0回)、2番人気も3勝(2着1回)というもので、馬単での万馬券は半分以上の7回(馬連は6回)を数える。つかみどころがないGI戦と言っていいだろう。

 下馬評では1000万─準オープン─重賞と目下3連勝と快進撃を続けるモーリス、昨秋のマイルCSの覇者ダノンシャーク、豪州遠征を終えたリアルインパクト(11年の覇者)に、前哨戦を勝ったサクラゴスペル(京王杯SC)、レッドアリオン(マイラーズC)、さらにはヴァンセンヌ、フィエロ、ミッキーアイルらが有力候補にあげられている。

 むろん異存はないが、しかしこれら以外にもマイル戦を得意としている馬は多く、ハイレベルの混戦競馬と見ていいだろう。であるなら、今回も一筋縄では決まらないのではないか。

 過去12年のデータからわかることは、上り調子の明け4歳馬、充実の5歳馬より6歳馬の活躍が目立つ。半分の6勝を、この6歳馬があげているのだ(2着1回、3着5回)。4歳馬1勝、5歳馬3勝だから、これは特筆してよさそうだ。

 さて、混戦ムードと書いたが、穴党としても6歳馬に注目してみたい。その6歳馬を見てみると、最も多く10頭の出走を数える。

 そのいずれも魅力たっぷりでチャンスがありそうな感じがする。しかし、ポテンシャルの高さから、いの一番にあげたいのは、フィエロだ。この馬を主力と見て中心視したい。

 まずは前走のマイラーズCを振り返ってみようか。香港遠征後で4カ月半ぶりの実戦。調整の遅れもあって、まだ余力残しの仕上がり。それでも前残りの緩い流れの中、直線で不利を被りながら勝ち馬のレッドアリオンとは、わずかコンマ1秒差の3着。まともだったらと悔やまれる競馬でもあった。

 この中間は、1度使われたことで大幅な良化ぶりを見せている。減っていた体重が増えて、締まって張りのある好馬体を誇示している。だからだろう、1週前の追い切りは軽快かつリズミカル。まずは文句なしだった。

「キャリアが浅い分、まだ肉体は若々しい。以前と違い、ひ弱さが解消され、思いどおりの稽古が積めるようになったのは好材料。とにかく、まだ伸びしろも十分。これからが楽しみな馬です」

 厩舎スタッフの多くが、期待感たっぷりにこう口をそろえるように、チャンスは大いにあると言っていいだろう。

 重賞を勝っていないのは実力を思えば不思議だが、キャリアの浅さと運のなさがあってのこと。いきなりのGI制覇は夢ではない。

 血統的に見ても、それは十分うなずけるもの。叔父にロックオブジブラルタル(英、愛2000ギニーなどGI7勝=全欧年度代表馬)、近親にリヴァーマン(仏2000ギニーなどGI2勝=仏チャンピオンサイアー2回)を持つ超良血だからだ。

 昨年の安田記念(8着)は泥田のような不良馬場に泣かされたが、体重が大幅に減っていたのも敗因。走りっぷりから馬場が悪くても問題なく、晴雨にかかわらず頭から狙い撃ちといきたい。

 連下は手広く流したいが、ヴァンセンヌフルーキーは厚めに買いたいところだ。

 穴は、ダイワマッジョーレ。出遅れ癖が出て評価を落としているが、直線の長い東京は持ってこい。軽視は禁物だ。

◆アサヒ芸能6/2発売(6/11号)より

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
2
あの炎上ワードは口癖?渡部建を接客したホステスが“トイレ秘話”を告白!
3
辻希美、「息子とSLを見にお出かけ」報告にまさかの「撮り鉄以下」批判!?
4
二階堂ふみ&薬師丸ひろ子、「同じ高校」報道で気になる“大学時代”の違い!
5
一時は嵐や瑛人抜き?「有吉の壁」発の2.7次元アイドルの突発人気がスゴいッ