芸能

清原和博“再生計画”の仰天全貌!(2)少しずつ明るさを取り戻し名球会のイベントにも…

20160204k

 古巣への復讐の炎に燃える清原に手を差し伸べたのが、芸能界の大物たちだったというのだ。

「清原は素行の問題もあり一昨年かぎりで、一部スポーツ紙との契約が外れました。すると芸能マターで別のスポーツ紙を紹介され、インタビューや記事を積極的に取り上げてもらうなど、昨年から追い風が吹き始めたんです。昨年大みそかに開催された新格闘技イベント『RIZIN』からもエキシビションで出場オファーまで来たといいます。結果的に今回の出場は見送りましたが、今後、リング上でのアームレスリングなど可能なパフォーマンスを披露する企画が練られるでしょう」(スポーツ紙デスク)

 そしてついに、1月11日には名球会のイベントにも参加した。だが、巨人同様、名球会からも清原に対する風当たりは強い。

「その要因の一つが、13年に行われた一部週刊誌での暴露トークです。タブーを恐れず、中日・落合博満GM(62)の性癖を放言するなどして、球界から大ひんしゅくを買った。名球会の重鎮は清原を呼び出して説教をしたといいます」(球団関係者)

 そんなアウェー環境でも清原が同イベントに参加したのは、心強い後方支援があったからだろう。

「芸能マターの働きかけによって、事前に長嶋茂雄氏(79)に話が伝わり、清原を激励する“絵撮り”が行われました。ミスターは巨人の終身名誉監督とはいえ、球界では別格の存在。清原vs巨人という構図に巻き込まれることなく、清原が球界に対してみそぎを果たしたようなツーショットを演出してくれたんです」(民放局関係者)

 ここまでお膳立てができたら、あとは上昇気流に乗るだけだろう。

「都内にある行きつけの韓国料理店でも、最近の清原さんは表情が明るく、『ブログで反響があった』とか『(離れて暮らす)息子たちと会った』などと口にして、食欲も旺盛のようです」(同店の常連)

 そんな清原に、球界から熱視線が送られているとの仰天情報も浮上している。

「聞こえてきた話では、オリックスと西武が清原の人気面を欲しがり、監督案を検討中というのです。古巣・西武の場合、近年は再上場の攻防の中でコンプライアンスを遵守し、問題ある選手や関係者は排除してきた。そのため、にわかには信じがたいのですが、それ以上に人気面を回復させることが株主に対する誠意だという見方なのでしょう。よしあしは別として、清原人気は高いですからね」(パ・リーグ関係者)

 自業自得の側面があったにはせよ、一度どん底に沈んだ清原は前を見て進むしかない。

「かつて清原さんは仲間内で『俺は世の中のいろんなプレイを全部経験した。やり残したことはない』とまで豪語していたそうです。復活が見えてきた今こそ、無欲の境地で、野球と向き合う機会ではないでしょうか」(球界OB)

 清原再生計画の行き着く先には、はたしてグラウンドで躍動する番長の姿が見られるか──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
デカすぎ!「半分、青い。」永野芽郁のボディコン姿に浮上した“疑惑”とは?
2
西城秀樹「急逝報道」での安藤優子“ナマ号泣”に視聴者から冷ややかな声が!
3
坂口杏里、踊り子デビューも「集客方法」が前代未聞レベルの必死さ!
4
酒好き美女7人の「酔い乱れ」現場(1)説教モードに入る新垣結衣
5
山口達也に続きさんまも「標的」に!? 泰葉の“便乗商法”に世間はウンザリ