スポーツ

大物レスラーと私のリング外“驚”交遊20年!(2)キャラ設定を忘れる武藤敬司

20160609s

──

 84年に橋本と同期入団した蝶野正洋(52)や武藤敬司(53)ら「闘魂三銃士」ともイベントで一緒に仕事をする機会が多かったと言う。

──

 蝶野さんは遅刻の常習者で1時間くらい遅れてきて、関係者からよく怒られていました。それに輪をかけて、橋本さんは半日ぐらい遅刻してきます。あまりに遅いので、トラブルに巻き込まれたんじゃないかとスタッフは大慌て。結局、ただの寝坊なのですが、それに蝶野さんは、

「ブッチャー(橋本のあだ名)は、みんなに心配されてズルい‥‥」

 と愚痴っていました。武藤さんは時間前に必ず到着するのですが、イベント中に自分の設定を忘れてしまいます。顔にペイントをして「グレート・ムタ」という名前でも活動をしているのですが、ある日のイベントは「武藤敬司」として呼ばれていました。なのに、

「昨日、インリン(・オブ・ジョイトイ)の股間に毒霧吐いちゃってよ」

 と、ペイントもしていないのに、グレート・ムタとしてしゃべりだしたんです。「武藤」と「ムタ」は別人の設定なので、

「それはグレート・ムタさんの話ですよね」

 と慌ててフォローしたら、急に面倒くさくなったのか、

「もうどっちでもいいよ」

 と言って、あっけらかんとされていましたね。

──

 キャスターを務めるサムライTVでも、生放送ならではのハプニングが付き物。09年に新日本プロレスの真壁刀義(43)をゲストに迎えていた時のこと。当時、対立していた「NOAH」の関係者がスタジオに乗り込んできて、一触即発の場面に。台本にはない、ガチの殴り込み事件だった。

──

 スタッフもアゼンとしていました。

 そして今でもよく思い出すのは、NOAHの三沢光晴さんが亡くなった時です。生放送中に試合で三沢さんが倒れて、心肺停止状態という一報が飛び込んできました。その瞬間、手が震えて、椅子から立ち上がれませんでした。

 三沢さんは誰にでもオープンな人で、独特の色気がすごかった。地方の会場で会った時、ハーフ丈のパンツをはいていたので、

「そのパンツ、すてきですね」

 と、ほめたら、

「パンツの中身はもっとすてきだよ」

 と下ネタで返してきたのですが、全然イヤらしく聞こえないから不思議です。

──

 昨年2月22日、女子プロレス団体「スターダム」の王座防衛戦で事件は起きた。当時の王者・世IV虎が挑戦者・安川惡斗の顔面攻撃に激怒し、拳でその顔を殴打。顔面を腫らした安川が試合後に救急搬送される凄惨な状況に、放送自粛も考えられたが、サムライTVはそのままノーカットでの放送を決断した。

──

 放送をしないという選択肢はありませんでした。いろいろな意見がある中で、ありのままを見ていただくべきだとスタッフが判断したのです。現場ではいかにレフェリーが懸命に試合を成立させようとしたか、また、セコンドはどういう動きをしていたのか。視聴者に見ていただき、何が起きていたのか、知ってほしかったのです。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
3
これで6億円!? 巨人・坂本勇人の適正年俸を算出したら…来季からは「代打要員」に
4
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
5
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった