キズナ

スポーツ

武豊 4000勝の「初耳“裏”トリビア」18(3)左右にもたれる馬を仰天矯正

競馬サークル関係者が振り返る。「他馬に騎乗した騎手たちから、武への騎乗批判の声が相次いだのです。スポーツ紙もそれに合わせるかのように、センセーショナルな見出しで叩いた。以降、武とマスコミの関係は冷戦状態となり、同時に人間不信にも陥った。今で…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

武豊&キズナ 「最強コンビ」が京都記念で不死鳥復活!(3)キズナの新たな一面を見られるか?

今年のキズナのローテーションは、今週の京都記念のあとは、産経大阪杯(4月5日)⇒天皇賞・春(5月3日)⇒宝塚記念(6月28日)が予定され、秋の最大目標・凱旋門賞で世界の頂点を狙う。スポーツ紙デスクが話す。「武豊騎手自身、『今年、この馬と大き…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

武豊&キズナ 「最強コンビ」が京都記念で不死鳥復活!(2)愛馬の離脱にショックを受けていた武豊

最強コンビを組む武騎手もまた、愛馬キズナへの信頼は揺るぎなく、不死鳥復活に目を細める。スポーツ紙栗東担当記者が話す。「キズナのベストパフォーマンスといえば、昨年の産経大阪杯だと思いますが、豊さんは勝っても1番人気じゃなかったことに不満顔でし…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
スポーツ

武豊&キズナ 「最強コンビ」が京都記念で不死鳥復活!(1)骨折から遂に復帰!

ダービー馬キズナと名手武豊の最強コンビが淀のターフに帰ってくる。昨年の天皇賞・春でまさかの4着敗退、レース後に骨折が判明した。戦線離脱してから9カ月半、今では大ケガの傷も癒え、馬体は貫録十分だ。レジェンド武豊の華麗な手綱さばきの下、充実期を…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , |
特集

20年来の“心友”が明かす 天才・武豊「屈辱からの逆襲」(3)

Sponsored

逆に、リーディング上位騎手の騎乗馬を見ると、「もし、これに武が乗ったら、また200勝するだろうな」とつくづく思う。が、現実にはそうなっていない。「いい騎手がいい馬に乗る」のではなく「いい馬に乗るのがいい騎手」だからだ。怪我の痛みのためパフォ…

カテゴリー: 特集 | タグ: , , , , |
特集

20年来の“心友”が明かす 天才・武豊「屈辱からの逆襲」(2)

Sponsored

武とキズナのコンビ初戦となったラジオNIKKEI杯2歳Sは3着、次走の弥生賞は5着と、なかなか結果が出なかった。初戦は馬が完成途上だったので力を出せなかった。弥生賞の敗因に関しては、「上品に乗ろうとしすぎ、結果として失敗した」と語っている。…

カテゴリー: 特集 | タグ: , , , , |
特集

20年来の“心友”が明かす 天才・武豊「屈辱からの逆襲」(1)

Sponsored

「2011年度JRA馬事文化賞」も受賞した作家・島田明宏氏が武豊騎手と初めて出会ったのは90年4月だった。以降、20年以上にわたり、公私でつきあうようになる。その“心友”島田氏が「誰も書かなかった武豊決断」を上梓。そこには、武豊の真実の姿が…

カテゴリー: 特集 | タグ: , , , , , |
スポーツ

サンスポ、水戸正晴の万券を生む血統論「本格化したプリムラブルガリスが差す」

今週は中山で「ダービー卿CT」が行われる。1600メートルのハンデ重賞だけに、今年も荒れそうだ。一方、阪神の「大阪杯」は、ダービー馬のキズナが登場。先週、重賞をW的中させた絶好調・片山は、3頭で勝負をかける。中山の芝のマイルでのハンデ戦。ダ…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , , , , , , , , , |
スポーツ

武豊を中心とした競馬界を取り巻く悲喜交々

昨年暮れの有馬記念は、平成の怪物・オルフェーヴルが引退レースを圧勝して幕を閉じた。今年は昨年のダービー馬・キズナと武豊騎手(44)のコンビが、再びターフを沸かし凱旋門賞を制覇。空前の「タケノミクス」景気で競馬人気復活の起爆剤になりそうだ。ス…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , , , |
スポーツ

ジャパンカップ非常事態宣言!?

どーやら、11月24日に東京競馬場で行われる、中央競馬「秋の目玉GI」であるはずのJCこと「ジャパンカップ」がとんでもないことになりそうだ。えっ、とんでもない? てことは、大荒れするってこと?いやいや、誤解される書き方で申しわけない。ある意…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , , , , , , |
スポーツ

ジャパンカップと有馬記念「日本最強馬決定戦」はどっち!?

凱旋門賞で期待の日本馬2頭が惜敗(惨敗?)。「日本馬は結局、世界にはかなわない‥‥」という空気も漂い、世間的には多少盛り上がりが欠けた状況でのGIシリーズ突入である。でも、ホントにそう?ところで、秋~年末のGIシリーズで有名なレースといえば…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , , , , , , , |
スポーツ

「キズナvsオルフェーブル」因縁対決の舞台ウラ(3)復活した武が復興の星として出走

競馬界を実質的に牛耳る巨大勢力にソッポを向かれた武は「社台グループ所有=有力馬」の騎乗依頼が激減、落馬事故による体調不良も相まって、大不振に陥った。キズナでのダービー制覇は久々の雄姿だったのである。「前田代表も『社台ばかり勝っているようじゃ…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , |
スポーツ

「キズナvsオルフェーブル」因縁対決の舞台ウラ(2)武豊×社台グループの対決

平松氏の解説はこうだ。「これはどういうことかというと、後半は本当に上がりだけ、つまり最後の3ハロンだけが速くなったのではなく、後半5ハロン全てが速い。中盤から、かなりスピードアップしていることがわかるわけです。だから全体の時計は遅いのですが…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , |
スポーツ

「キズナvsオルフェーブル」因縁対決の舞台ウラ(1)走破時計とレースの“価値”

肺出血騒動を乗り越えて「世界一」へのリベンジに挑む日本最強馬と、日本最強騎手を配するダービー馬の激突が秒読みとなった。本番を前にそろって前哨戦を勝利したことで、対決ムードは盛り上がる一方。世紀の一戦「凱旋門賞」を楽しさ100倍返しで観戦する…

カテゴリー: スポーツ | タグ: , , , , , |