高血圧

社会

「サバ水煮の缶詰」が認知症を防ぐ!

認知症絡みのやりきれない事件は後を絶たない。認知症になった親族を老々介護する中で、手をかけてしまうという、高齢化社会ゆえのケースも最近は目立っている。社会としてそうした事件を防ぐ一番の方法は認知症になる人が減ることだ。厚生労働省の発表によれ…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

あの“紅茶キノコ”がふたたびブームに!

昭和40年代末から50年代初頭にかけて、健康食品として一大ブームとなり、そして消えていった“紅茶キノコ”がふたたびブームになっている。あらためて健康効果に注目が集まっているのだ。〈高まる健康志向…米コカ・コーラ、オーストラリアの人気コンブチ…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「毎年50万人が発症する脳梗塞の二大要因。糖尿病と高血圧どっちが引き起こしやすい?」

今週は生活習慣病に関する話題です。5月16日に、西城秀樹さんが63歳の若さで亡くなりました。西城さんは2度の脳梗塞を患いましたが、毎年50万人もの患者が発症している恐ろしい病気です。では、ここで質問です。脳梗塞の二大危険因子は高血圧と糖尿病…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |
社会

「あらゆる薬は毒である」それでも薬飲みますか?(1)高血圧症は「基準値」が作った病気

薬を飲んでも体調が全然よくならない。でも、やめたらもっと悪くなるかもしれない。そんな不安が「薬漬け医療」に拍車をかけている。薬は使い方によっては毒にもなる。日本初の「薬やめる科」院長が語る「減薬・断薬」のススメとは──。もし、あなたが病院で…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |
特集

高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

Sponsored

いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

カテゴリー: 特集 | タグ: , , , , , |
社会

1つが悪いと3つが悪くなる!?高血圧・高血糖・高血中脂質の“トリプルリスク”とは?

高血圧・高血糖・高血中脂質というと、中年諸氏にとっては耳の痛い話ではないだろうか。というのも、この3つは生活習慣病の代表的なリスク要因となるからだ。健康のために、それぞれの数値に一喜一憂する中年サラリーマンも多いことと思われるが、実は、自分…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |
芸能

サンドウィッチマン伊達、医師から「死ぬよ」宣告後も健康知識が間違いだらけ!

12月5日放送の「しゃべくり007」(日本テレビ系)で、サンドウィッチマン・伊達みきおが驚くべき健康状態を明かし、話題となっている。「伊達が、『最近血圧が高いんです』というので数値を聞くと、200は超えているというんです。正確には、211の…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
社会

驚愕直言「あなたが知っている健康常識では早死にする!」(3)学会がデタラメをでっち上げ

近藤日本高血圧学会は高血圧に該当する基準値を上が140以上、下が90以上と定めています。年齢にかかわらず一律に基準値を定めてしまっている点が、まずデタラメ。しかも、その日本高血圧学会が実施した比較試験では、血圧を薬で確実に下げた人ほど死亡率…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |
社会

毎月17日を「減塩の日」に決定!も減塩で本当に高血圧は防げる?長生きできる?

塩分のとりすぎは万病の元。すなわち高血圧の元であり、脳卒中などの脳血管疾患、心肥大などの心血管疾患などの原因になる──と言う説はよく知られたところで、この予防のために、厚労省は減塩を推奨している。また、男女とも長寿日本一の長野県は、その秘訣…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

3大生活習慣病「最新・都道府県別ワーストランキング」(2)危険な“ダブル炭水化物”

個々に委ねることなく、青森は県をあげて「短命県返上」のプログラムを推進している。参考にしたのは長野県だ。「生活習慣ですから、いきなり変えるのは難しい。長野県では、かつて朝昼晩、さらに3時のおやつにも野沢菜を食べ、塩分過多になっていた。これで…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「高血圧で止めるべきは飲酒かタバコか?喫煙リスクとタールの量は無関係だった」

2014年に日本高血圧学会の「高血圧治療ガイドライン」で、高血圧の基準を改定しました。それにより、今まで以上に高血圧に関心を持つ人が増えたように思えます。先日も50代の患者さんが、日常生活での不意の動悸が不安だと相談に来ました。酒もタバコも…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , , |
特集

日本人の平均は推奨値の倍!? 塩分とり過ぎが引き起こす血管の危機とは?

Sponsored

厚生労働省の調査によれば、50代以上の2人に1人以上が「血圧高め」もしくは「高血圧」と診断されているようです。血圧は放っておいても自然に改善されるものではありません。特に血圧の問題は自覚症状がなく、気づかぬうちに健康リスクが高まってしまうこ…

カテゴリー: 特集 | タグ: , , , , |
社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「味の好みでわかる生活習慣病の傾向と対策 血管系の疾患に繋がる塩辛さが寿命を左右」

読者の中には仕事を終わると気の置けない友人と酒を酌み交わすのが楽しみという人も少なくないでしょう? 一方で、3時のおやつや食後のデザートが何よりの楽しみという方もいます。食事のとり方は寿命を左右する大きな要因の一つです。何を選んでどのぐらい…

カテゴリー: 社会 | タグ: , , , , |
特集

がんにも匹敵する死因を招く「血管の老化」対策に、“若返り”の方法があった!

Sponsored

日本人の約4人に1人が亡くなっている脳卒中や心筋こうそく。こうした疾患は心臓や脳の病気ではなく「血管事故」と分類されるように「血管の病気」であり、いまやがんにも匹敵する死因となっています。しかも寒さによって血管が収縮しやすい冬の時期は「血液…

カテゴリー: 特集 | タグ: , , , , |