黒澤明

芸能

天才テリー伊藤対談「宝田明」(4)名前どおりのお宝話がすごすぎるよ

テリー実は、僕が初めて映画館で観た映画が「ゴジラ」だったんですよ。6歳ぐらいだったと思うんですけど、すごく怖くて最後まで観られなかったです。宝田さんがゴジラを初めて見た時の印象は、どうだったんですか?宝田いや、僕も怖かったですよ。撮影に入っ…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , , |
芸能

天才テリー伊藤対談「宝田明」(3)3作目「ゴジラ」でいきなり主役に

テリーそんな過酷な少年期を経て、宝田さんが役者を目指した理由は何だったんですか?宝田当時、引き揚げ者はなんとなく白い目で見られていたもので、本籍地の新潟に戻ったら寡黙になっていたんです。それが、小学6年の時に、ひょんなことから学芸会で欲張り…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
芸能

「やすらぎの郷」で蘇る「国策映画」に反戦メッセージを込めた監督たち

専門家から高く評価されている放映中の倉本聰氏作の帯ドラマ「やすらぎの郷」(テレビ朝日系)。藤竜也演じる「高井秀次」のモデルが高倉健であるとともに笠智衆であるように、同ドラマは倉本氏が知る人物やエピソードをモデルにして脚本が執筆されているよう…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , , |
芸能

勝新太郎元マネージャーが初めて明かす「オヤジの素顔」(3)黒澤明監督が物陰に隠れ…

相手の地位や肩書によって対応を変えることはなく、人間を区別することもなかった勝。そんな勝のもとには、世代や人種を超えて人々が集まってきた。映画「ゴッドファーザー」などの監督として知られるフランシス・コッポラも、勝を慕う一人だった。「コッポラ…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , , |
エンタメ

半世紀を経て黒澤明監督作が世界の映画人に影響を与え続けるワケとは?

黒澤明監督の名作時代劇「七人の侍」(54年)と、そのリメイク版西部劇「荒野の七人」(60年)を原案とする「マグニフィセント・セブン」が1月27日に公開される。残虐の限りを尽くして町を支配する男の一味に、デンゼル・ワシントン演じる賞金稼ぎやギ…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , , , , |
エンタメ

「東京五輪記録映画」の秘話で再認識する“黒澤明監督の偉大さ”

現在開催中のリオ五輪では、陸上男子100メートル走の世界記録保持者、ウサイン・ボルトが引退を表明していることから、その決勝戦に全世界が沸いた。選手の一挙一動をスタートから鮮明に捉え、疾走する姿を追い続けるカメラワーク。今では当たり前となって…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , , , , |
芸能

天才テリー伊藤対談「加山雄三」(2)黒澤明監督の現場はどうでしたか?

テリー僕らの世代で加山さんといえば、やっぱり「若大将」シリーズなんですよね。振り返ってみて、いかがですか。加山いや、何か楽しい思い出ばっかりでね。やっぱり田中邦衛さんとの出会いがすばらしいなと思った。田中さんは“青大将”と違って、むしろ「北…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |