スポーツ

由伸巨人 30億円超「金満補強」の大号令!(2)「優勝するためもっと使え」

 さらに、若手育成への回帰を標榜しても、その流れを断ち切りそうなのが、実績ある強打外国人たちの強奪である。

「今季の巨人の本塁打数はマギーの18本が最多で、20本以上打つ右の大砲が不在です。となれば、来季の去就が不透明な、35本でセ本塁打王の中日・ゲレーロ(30)、32本のヤクルト・バレンティン(33)は、喉から手が出るほど欲しい。ゲレーロは『野球はビジネス』と銭闘宣言し、中日の2年7億円の提示を蹴っている。すでにソフトバンクが参戦し、1年5.5億円の複数年契約まで競り上がったマネーゲームになります。現状3.3億円のバレンティンも2年以上の複数年契約が獲得条件となる」(スポーツ紙デスク)

 このFA補強の大号令を下したのは、読売新聞主筆・渡邉恒雄氏(91)だという。球団関係者が明かす。

「なんでも『30億円使っても優勝できないんだから、もっと使え』というナベツネ勅命があったようです。どちらか1人どころか獲らばもろともとダブルで獲得すれば、若手選手が意気消沈するのは目に見えています」

 若手育成は「フリ」だけ。第3の外国人大砲まで視野に入っているという。

「台湾で“第2の王貞治”と呼ばれる王柏融(ワン・ボーロン)(24)にも触手を伸ばしている。台湾ラミゴでは打率4割を超える強打者で、今年のWBC壮行試合で楽天・則本からバックスクリーン弾を放っています。巨人は6月から現地にスカウトを送り込んでいる」(巨人番記者)

 4人の外国人枠さえ度外視すれば重量打線は完成するかもしれないが、不安のタネは尽きず、投手の主軸にも波及する。

「14勝をあげた三本柱の一人、マイコラス(29)の流出が現実となりそうです。すでにMLBの公式サイトが、レンジャーズが獲得に動いていることを報じているため、球団内では諦めムードが漂っています。鹿取義隆GM(60)は『どうしたらいいんだ』と頭を抱えていた。59試合登板したセットアッパーのマシソン(32)も日本好きとして知られていますが、今季に限って1週間の観光をしてから帰国している。最後の思い出作りだったのかもしれない。実際、子供にメジャーのマウンドに立つ姿を見せたい希望があるようです」(前出・巨人番記者)

 先発の主軸が抜けるとなれば、今オフも“お家芸”に着手する流れだ。

「リスト筆頭は西武・牧田和久(32)です。本人はポスティングでのメジャー移籍が第一希望ですが、決裂すればFA権を行使する可能性が高い。やはりFA権を取得している日ハム・増井浩俊(33)ともども、先発でも抑えでも使えるため大枚を叩いてでも獲得に乗り出します。同じ日ハムの宮西尚生(32)も、今季外した森福の補填となる左リリーフとして狙っている」(前出・スポーツ紙デスク)

 今オフも巨人の札束攻勢による“乱獲”で若手育成の話題はかき消されそうだ。前出・球団関係者が嘆きの声を上げる。

「ナベツネよりも野球に関してド素人の山口寿一読売新聞社長(60)がシーズン中から鹿取GMに『あいつを使え』と指示しているから始末に負えない。しかもシーズンを終えると、若手を育てるのが急務だと言いながら、勝つためには外国人をドンドン獲れと、どう考えても一度に実現できない要求をしており、もはやチームは迷走する一方です」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    忘年会シーズンに糖質制限なんて無理!酵素のチカラで炭水化物も怖くない!?

    Sponsored
    91454

    男30代40代の働き盛り。当然、昼も夜も栄養バランスを考えた食事なんてなかなかできず、酒の付き合いも多い。そのため食生活は極めて不規則だ。話題の糖質オフやグルテンフリーはどこ吹く風で、とりあえず、日本人ならお米だろ!と、エネルギーを蓄えて毎…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
Hey!Say!JUMP「紅白」初出場決定にファンが喜べぬ理由は有村架純!
2
「薬物で3度逮捕」三田佳子次男が今度は「不貞暴行」だって
3
佐藤健も大迷惑!?「るろうに剣心」作者が女児“法律違反動画”逮捕の波紋
4
とんねるず「みなおか終了」でCS放送に「都落ち」説が急浮上するワケ
5
板尾創路、不貞騒動で再注目された「お笑い天然言動」伝説!