スポーツ

松井裕樹は楽天でよかったのか?

 日本ハム(6位)がハズれ、DeNA(5位)がハズれ、ソフトバンク(4位)がハズれ、中日(4位)がハズれ、楽天(優勝)が大当たり。これが、今年のドラフト会議で最も注目を集めた、松井裕樹(桐光学園)の結果だ。

「今年の楽天はイケイケだな」そんな声がそこら中から聞こえてきた。実際そうなのかもしれない。でも、本当にそれでいいのか?

 ドラフト会議は毎年、プロ野球ファンが楽しみにしている恒例行事。戦略やクジ引きで注目選手の運命が決まるのはやはりエンターテインメントとしては成立している。しかし結局、プロ野球ファンが見たいのは贔屓球団の勝利であり、優勝であり、日本一。これが公平な立場で争われないのはあきらかにオカシイのである。

 まもなく開幕する今年の日本シリーズ。セ・リーグの覇者、読売巨人は菅野、長野、阿部、内海、澤村、高橋由‥‥過去には逆指名などの制度があったにせよ、主力のほとんどが「巨人にしか入らない」と公言してきた選手だ。対する楽天は、エースの田中将大が開幕24連勝という金字塔を打ち立ててのシリーズ進出。

「田中は06年のドラフト会議で日本ハム、オリックス、横浜、楽天から1位指名され、その年47勝85敗で堂々たる(!?)最下位だった楽天に引き当てられた。偶然にもウェーバー制が導入されていたら? を地で行ったわけです。当時は『楽天かよ~。ハンカチ王子に比べて“持ってないな”』との声がもっぱらでしたね」(スポーツ紙記者)

 ところがどうだ。この2013年、投手としてすべてを“持っている”彼の右腕が、あの弱小球団をパ・リーグの覇者に押し上げたのだ。これこそ、ウェーバー制を一日も早く導入してもらいたいと願う、弱小球団のファンたちの理想型ではないだろうか。

「もはや、ドラフト会議は読売巨人を除いた、11球団の当たりクジ争いと化している。今年の巨人は1位指名の石川歩(東京ガス)をハズしたが、結局は『巨人にしか入らない』と報道があった、社会人ナンバーワン捕手を何の苦もなく手に入れている。セ・リーグのDeNAやヤクルト、はたまた広島、何年もチャンピオンフラッグから遠ざかっている球団のファン、むろん阪神も中日も、こんな釈然としない光景を毎年見せられているわけです」(スポーツ紙記者)

 もちろん、獲得した選手が絶対に活躍するとは限らない。もちろん松井裕樹がどうなるかもわからない。でもせめて、シーズンオフぐらいは、弱小球団のファンにいい夢を見せてほしいのである。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    元SKE48の松村香織がガールズケイリンに潜入。女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

    Sponsored
    137289

    ガールズケイリンをご存知だろうか? これは、2012年7月に復活した女子選手による競輪競走のこと。男子と同じ競輪場のバンクを使うという部分では共通するものの、ガールズならではの見所もある。そのひとつが“華やかさ”。ここ数年の自転車ブームでご…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
そのうち死者出る!?人気YouTuberシルクロードの明かした病状が激ヤバ!
2
逮捕に涙でも…片瀬那奈、沢尻エリカと“クラブ同席動画”拡散の大トバッチリ!
3
田中理恵、小さめTシャツで露わにした“ミルクタンク”胸の「ものスゴさ」!
4
痛々しいほど!桐谷美玲、体型の“激ヤバ変化”が「悲鳴モノ」
5
10億円「年末ジャンボ宝くじ」は「NHK紅白の法則」で確率2万倍アップ!