エンタメ

エンタメ

将軍・殿様の「正室と側室」奇妙な真実(2)江戸の町娘はお盛んだった

女中として採用される時はいわゆる「おぼこ(経験がない女性)」であることが条件だったのだろうか。「それはよく言われていますが、ウソです。だいたいわからないでしょう。江戸の町娘たちは小さい頃からよくお稽古事に通って、踊りや謡(うたい)ができると…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , , , |
エンタメ

将軍・殿様の「正室と側室」奇妙な真実(1)藩主の隣にお妾・お由羅の墓がある

歴史は夜、女の股から作られた? 誰もが知る歴史の裏舞台には「世継ぎには誰がなるのか」「はたまたそれは誰の子なのか」を巡る正室や側室たちの暗闘、体を張った血脈の歴史があった。「昨年の大河ドラマ『西郷どん』で、『お由羅騒動』のお由羅を演じた小柳…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , , , , , |
エンタメ

下半身が大満足!全国区都道府県「アッチの魅力度」ランキングを大公開!

観光スポット、ご当地グルメ、出身有名人…帰省先や同窓会の宴でことさら盛り上がるのがお国自慢ネタ。アサヒ芸能恒例の「1000人アンケート」で「どの県のオナゴといたしたい?」と聞けば、出るわ出るわその土地ならではの艶っぽ話が…。昨年秋、認知度、…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , , , |
エンタメ

【一杯酒場】東京・淡路町「みますや」

四時代、変わらぬ旨さと安さで創業百四十年 大衆酒場の元祖で新年から験担ぎの一杯を!明治38年開店。関東大震災も経験した“東京最古の居酒屋”とも言われている「みますや」。長年、東京の変遷を見つめてきた店は、風格が漂いながらも懐かしさを覚える佇…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , , , , |
エンタメ

興収100億円突破も!?「ボヘミアン・ラプソディ」、クイーンが日本で大人気なワケ

フレディ・マーキュリーとバンド「クイーン」を描いた映画「ボヘミアン・ラプソディ」が、1月6日時点の累計興収84億5716万円、観客動員612万3160人を突破。2018年の公開洋画のトップに躍り出たという。11月9日の公開からわずか2カ月で…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , , , , |
エンタメ

新春「大開運」講座<サイキック芸人が効果絶大「行動メソッド」を伝授>

まず、オススメするのは麺類開運法です。類感呪術の原理によると、麺類を食べると対人運がよくなるそうです。一人で食べれば新たな良縁につながり、仲間と食べると絆が深まる。そこで僕は1カ月間、1日1食ずつ麺類を食べ続けてみました。ラーメン、うどん、…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , , , , |
エンタメ

新春「大開運」講座<5秒でわかる女性の見分け方>(2)男性に幸運をもたらす女性の手相とは?

続いては、男に幸運をもたらすあげまん線だ。「人さし指の下、感情線の先端を見てください。ここがフォークのように3本に分かれていたら、その女性はあげまんと見ていいでしょう。このあげまん線が示すのは『献身』。相手の男性のために、優しく尽くしてくれ…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , , , , |
エンタメ

新春「大開運」講座<5秒でわかる女性の見分け方>(1)初心者はまず右手を見よう

目の前にいるイイ女を口説いていいのか? 手を出してヘンなトラブルに巻き込まれない? そんな不安やモヤモヤも相手の手のひらを見れば一発解消! これまでおよそ2万人を鑑定してきたカリスマ・水森太陽氏(37)が「5秒でわかる鑑定術」を読者に授ける…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , , , , |
エンタメ

新春「大開運」講座<亥年にお参りしたい「神社&寺院」>(2)何人にも見えない神の使い

清麻呂が神ならば、猪は神の使いとして人々に御利益を運んでくるということになる。同じように、神使として猪が登場する信仰がある。仏神の摩利支天信仰だ。これが、本田氏の言う「二つめの猪にまつわる仏閣」である。日本では戦国武将が信仰したことで知られ…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , , , , , |
エンタメ

新春「大開運」講座<亥年にお参りしたい「神社&寺院」>(1)イノシシとゆかりのある神社仏閣

近所の神社に手を合わせたことだし、あとは酒でも飲んで──。それで、御利益にあずかろうとはムシがよすぎやしないか。今年は亥年! やはりイノシシとゆかりのある神社仏閣を訪れてこそ、初めて運も開けてくる。“霊猪”に出会える「初詣スポット」を案内す…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , , , , |
エンタメ

【一杯酒場】東京・上野「大統領 本店」

正しき昼飲みの街の正統派を味わいつくす 馬モツを使った特製煮込みにご満悦「昼飲み」という言葉が市民権を得て久しいが、最も正しき昼飲みの街といえば繁華街の規模も大きく、幅広い店がそろう「上野」に一票を投じたい。その上野を代表する正統派大衆酒場…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , , , , , |
エンタメ

【一杯酒場】大阪・堺東「三好屋」

ママとのおしゃべりがつまみの幸せ空間 激旨「おでん」や大皿惣菜にも目移り必至堺東駅前から伸びる「堺銀座通り商店街」の裏手に、居酒屋のひしめくエリアがある。創業50年以上になるという三好屋は、この一帯でも古参の店のひとつ。老舗とはいえ、昨年1…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , , , , |
エンタメ

弘兼憲史の「老活」黄昏シネマ厳選10本(2)死に際はピンピンコロリを目指して

安楽死について印象に残っているのが、1973年のSF映画『ソイレント・グリーン』です。人口爆発から食糧難という近未来社会を舞台に、チャールトン・ヘストン演じる刑事の同居人の老人が、自ら安楽死の施設に行くというシーンがあります。大自然の美しい…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , , , , |
エンタメ

弘兼憲史の「老活」黄昏シネマ厳選10本(1)『黄昏流星群』を描き始めたのは48歳

『課長 島耕作』シリーズやドラマ化された『黄昏流星群』の作者・弘兼憲史氏は今年71歳。古稀を超えてなお数多くの作品を執筆、週刊アサヒ芸能連載をまとめた『長生きだけが目的ですか?』(徳間書店)など、人生100年時代の生き方、死に方についての発…

カテゴリー: エンタメ | タグ: , , , , |